【HK416D/ガスブロ】ハンドガードをGEISSELE Mk15化【外装/カスタム】

【HK416D/ガスブロ】ハンドガードをGEISSELE Mk15化【外装/カスタム】

2014年に購入した、僕にとって初めてのガスブロライフルであるWe-techのHK416D。

ホワイトレターを入れたり、購入直後に全バラにしたり、ダメージ加工と言い張って塗装を落としてみたり。

僕的には割と思い入れのあるエアガンなのですが、ここ数年はほとんど使う機会がなく、ガンケースに収納したままになっていました。

ところが、最近になってふとしたことで、M4の系譜を使い始めることになり、再びこの416を掘り起こすことになりました。

ただ、しまい込んでから数年経ってみてみると、4面レイルのハンドガードの存在感がありすぎて、最近のモダンなライフルと比べるとどうもモッサリ感が否めない。

ということで、ちょっとでもシュッとさせたいと思い、ハンドガードの交換を思い至った次第です。

【HK416D/ガスブロ】ハンドガードをGEISSELE Mk15化【外装/カスタム】
今回チョイスしたのはGEISSELE(ガイズリー)のMk15タイプ。

同じGEISSELEのSMR HKやレミントンのRAHGなどの、ミリタリー的に使用例のあるハンドガードも気にはなりましたが、M4用のGEISSELE Mk4 FEDERALのフォルムがめちゃくちゃ好きなので、それによく似たMk15を選びました。

【HK416D/ガスブロ】ハンドガードをGEISSELE Mk15化【外装/カスタム】
その他のカスタムパーツに関しては、ストックがMagpulのCTR。

光学サイトにはAimpoint T-1系のVectorOptics Maverick(あえてのGen1)。

レーザーデバイスはドンガラのDBAL、ウエポンライトはSurefire M600のB型を選択。

【HK416D/ガスブロ】ハンドガードをGEISSELE Mk15化【外装/カスタム】
ハイダーはSurefire Warcomp、ウエポンライトはよく分からない45°オフセットのマウントでハンドガード右下に来るように取り付けてみました。

ボトムのM-LOKにはArisaka Difenceタイプのハンドストップ。

【HK416D/ガスブロ】ハンドガードをGEISSELE Mk15化【外装/カスタム】
DBALとM600Bの2つをよく分からないデュアルスイッチでつなぎ、スイッチ自体はハンドガード左側のM-LOKに取り付け。

【HK416D/ガスブロ】ハンドガードをGEISSELE Mk15化【外装/カスタム】
BUIS(バックアップアイアンサイト)にはKnight'sタイプのフリップアップ。

リアは写真には写っていませんが600Mです。

【HK416D/ガスブロ】ハンドガードをGEISSELE Mk15化【外装/カスタム】
ちなみにこの構成だと、ダットサイトを覗いたときに、DBALが視野の下1/3にかかってしまいますが、ゲームで使ってみたところ、両目サイティング(片目はダットサイト、反対の目で対象を見る)をすると特に問題はありませんでした。

後はグリップをMagpulのMOE K2辺りにできたら僕的には完璧です。

それなりにモダンなHK416Dができたんじゃないでしょうか。

  










同じカテゴリー(長物・ライフル)の記事

2022年04月28日 Posted by ジャージお父さん  at 23:42 │Comments(0)長物・ライフルHK416(ガスブロ)

<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。