東京マルイにパーツを注文してみた。

こういう記事って、あまり需要が無いのかもしれませんが。(2020年の12月ごろに書いてアップし忘れてた下書き記事を見つけたので、とりあえずアップロードしておきます、)

こういうのをニッチと言うんですかね。

エアガンを弄り始めてそこそこの年月が経っていますが、今回初めて、東京マルイに直接、パーツを注文しました。

今までも色々と純正パーツを購入してきましたが、これまではショップさん経由で手に入れてました。

ですが、今回はいつものショップさんになかなかパーツが入らず、しびれを切らして自分で注文してみることにしました。


パーツは89式小銃のメカボックス内のパーツ。

ver.2メカボでいうところのカットオフレバー的な部品で、カウンターレバーというパーツになります。
(注文書では自分の聞き間違いで「カウンターバー」と記入していますが「カウンターレバー」が正解のようです。)


以下、注文手順。

まずはマルイのパーツ係に電話です。

電話番号は

03-3605-9669

これがなかなか繋がらない。

大抵の場合、何回も電話をかけ直して、ようやく繋がります。

「お電話ありがとうございますぅ~、東京マルイアフターサービス部◯◯がお伺いしますぅ~」的な感じでいつも男性の声で対応してくれます。

「あのー、電動ガンのパーツのことで伺いたいんですが。◯◯という電動ガンの××な感じのパーツの値段と在庫を教えてください」

「それですと△△というパーツになりますぅ~。お値段と在庫の方をお調べしますのでしばらくお待ちください~」

「お待たせしました~。◯◯の△△のお値段は⬜︎⬜︎になりますぅ~。送料は¥¥になりますぅ~。在庫の方は…現在のところまだ大丈夫ですが、少なくなってきておりますので、ご注文いただいたタイミングによってはご提供できないことがございますぅ~。あらかじめご了承ください~」

「分かりました、ありがとうございますー。」

とかいう流れで、電話を終わります。



で、次は注文書を用意します。


お持ちのエアガンの取説があれば、その最後の方に専用の注文書の様式がありますので、それをコピーして使います。

もし取説が無い場合でも、東京マルイのホームページに取説のPDFファイルがありますのでこれをダウンロードして印刷すれば使えます。

なんなら、だいたいの様式を満たしていれば、最悪広告の裏に枠線などフリーハンドの手書きなどでも大丈夫なんじゃないかと思います。


で、ここからがミソになります。


↑の通り、支払いが小為替か、書留しか使えません(例外的に500円以下は切手でもOK)。

これが曲者(と自分は思う)なのです。

まず小為替とは何ぞやですが、これは定額小為替と言って、「受け取り側が額面の現金に換金できる金券のようなもの」を郵便局で買って送り先に送る仕組みです。

現金を封筒に入れて送ることができないので、それに代わる仕組み、ということででしょうか。

ただ、何が難儀かというと、この小為替の種類が50円、100円、150円、200円、250円、300円、350円、400円、450円、500円、750円、1000円の12種類しかなく、なおかつ1枚購入するごとに100円の料金が発生するのです。

例えば、50円の小為替を購入するのに150円(50円券×1枚+発行代金1枚分100円)、700円の小為替を購入するのに900円(500円券×1枚+200円券×1枚+発行代金2枚分200円)がかかるのです。

しかも10円単位、1円単位の額面がないので、49円以下は切り捨てになります。


もう一つの書留。

これは現金書留の事で、専用封筒に現金を直接入れて送ります。

現金書留は基本の郵便料金に加えて435円の追加料金がかかります。


小為替にせよ、書留にせよ、これらの追加料金を大した出費ではないと思えるならば、東京マルイへの直接注文も特に問題となるものはないでしょう。

自分は貧乏性なもんで、ここが引っかかって仕方がありません。


で、自分は(送料を含む)料金が最小になるように考えて、小為替を選択しました。

自分の周りには89式ユーザーが何人かいるので、いつもパーツは個人としては多めに仕入れます。

今回の主目的の「カウンターバー(レバー)」が4つ(440円×4=1760円)、自宅在庫がいくつかあるけど金額合わせのための「カウンター」がひとつ(220円×1=220円)、これに送料(120円)を加えた合計2100円(ぴったし!)

近所の郵便局の窓口に出向いて、


「定額小為替振出請求書」なるものに、住所氏名や、何円の小為替が何枚いるのかを記入します。

これを窓口のお姉さんに渡して、代金を支払い、しばらく待ちます。

総支払額については、上記のパーツ代2100円に小為替の枚数分の代金(1000円券2枚+100円券1枚=計3枚)の300円で2400円。


お姉さんに呼ばれて受付まで戻ると、こんな↑紙をもらえます。

大きい方が送る用、小さい方が控えになります。


あらかじめ用意していた、東京マルイの宛先の書いた封筒に、小為替と注文書を同封し、郵便の窓口でお姉さんに手渡して郵便代金の84円を支払えば完了です。

〇東京マルイ 送付先〇
〒120-0005 東京都足立区綾瀬5-17-1
東京マルイ アフターサービス部

ちなみに封筒は普通の封筒です。

今回の総支払額は2484円(うちパーツ代+送料=2100円)でしたので、問答無用で435円が加算される現金書留よりは若干安く済みました。

ですが注文したパーツ単価が安いモノだけに、たとえ100円単位でも余分に払わなければいけないのは、非常に切ない気がします。


その後、約1週間くらいで注文していたパーツがとどきました。


東京マルイのロゴ入り封筒の中には、注文したパーツ達と、レシートが入っていました。


いかがでしたでしょうか。

自分的にはけっこうめんどくさい手順な気がしてなりません。

自宅の近場に、パーツ単位で取り寄せしてくれるショップがある方はそちらを利用した方が良いんじゃないかと個人的には思います。

ショップが遠い人や、交通費が多くかかる人は、マルイに直接注文の方が安く済むかもしれません。

今回は、今までめんどくさくて避けていた、東京マルイへの直接の注文をしてみましたが、どなたかの参考になれば幸いです。  


2022年01月23日 Posted by ジャージお父さん  at 23:35Comments(0)その他

ハンドガンケース 内装カスタム

先日、ライフル用の安いハードケースを買いました。

外見は無骨な感じでカッコいいのですが、やっぱり安いだけあって、中のウレタン(スポンジ?)が、蓋・本体共に波型で、特に本体側は約8cmの一枚ものでした。

やっぱりハードケースって、ペリカンケースでよく見るみたいにウレタンをくりぬいて銃を入れるのが憧れです。

その方がいかにもガンケース!って感じでカッコいいと自分は思うのですよ。


コンナカンジ…が理想です。

ということで、波型仕様のケースをくり抜き仕様にしたいわけなんですが。

いろいろ検討した結果、いくつか方法は思い付いたんですが、とりあえずはコストのかかるライフルケースではなく、ハンドガンケースの方で試してみようということで…



トラスコ中山製の「プロテクターツールケース用緩衝ウレタン」のMサイズを2セット買ってみました。


型番です。




1セットの中に蓋用の波型が2枚と、本体用のブロック型が2枚、計4枚も入っています。


今使ってるハンドガンケースは特にエアガン用のものではなく、近所のホームセンターで購入したよく分かんない安物のハードケースなんです。


ウレタンは蓋も本体も波型で、もうだいぶん長いこと使っているのでくたびれてます。


このハンドガンケースの本体側の波型ウレタンを、くりぬきタイプのブロック型ものに変えてみたいと思います。


トラスコのウレタンは2セット買ったので、ブロック型は計4枚あります。

これを左右で2枚、上下2段に敷けるように、ケースの型取りをします。


元々入っていた波型ウレタンを取り外し、2枚並べたブロック型の上に重ねて、ネームペンで形をとります。

これを2セット分やります。


カッターと物差しを使って、刃先で軽く何回もなぞるように切り出し、だいたいの形になったら、ケースに合わせて、現物合わせで調整します。


蓋部分の波型もどうせなら新しいものに交換します。

こちらも左右2枚をつなぎ合わせて、古いウレタンから形をとります。


一応、形になりました。

本体側がブロック型2段、蓋側が波型1段。

真ん中の継ぎ目が貧乏くさいです。


ディテールの粗さは見ないことにします。

ブロック型のウレタンには、ブロック状に切れ目が入っている関係上、カッターでカットする際、どうしても個々のブロックが変形してしまい、斜めやRがついた部分など、なかなか上手には切れませんでした。

素直に切れ目どおりにブチブチちぎっていって形にする方が最終的にきれいに仕上がるかもです。


いきなりカットされた状態まで飛んでしまいましたが…


ウレタンの上にマガジンや銃を置き、レイアウトを決めた後に、ネームペンでやや小さめに型取りします。


自分はトップの写真のように銃の形どおりにくり抜きたかったので、元々のブロック状の切り込みを無視して、銃の形に切り出してみました。


ですがやっぱり細かい場所や細いところは切り込みがあるせいで正確にカットできず、変にガタガタになったりしてしまいました。


カットの際にブロックが取れてしまった場所もあります。

トラスコのこのウレタンのセットはちょっと柔らかめですが、収めるアイテムとアイテムの間隔をそれなりにしっかりととれば、マガジンなどの重量物でもそれなりに保持・保護はしてくれます。

ですが、自分のように詰め込み過ぎるとスポンジブロック同士の接合も弱いだけにちょっと不安。

また多少カクカクにはなりますが、切り込みに沿ってカットしていく方が見た目きれいに仕上がるような気がします。



最後に、蓋側の波型ウレタンの嵩が低くて、蓋を閉めた状態で本体側のウレタンとの間でしっかりとエアガンを挟めていない気がしたので、蓋側のウレタンを嵩上げしてみます。


以前買ったVFCのハードケースについていた高さ調整の薄いウレタンが余っていたのを引っ張りだしてきました。

これにまた元のウレタンを当てて、形をとります。


蓋側の波型ウレタンの下に敷いて、その上から波型ウレタンを取り付けます。


蓋側のウレタンが、イイ感じの嵩になりました。


…と思ったら、蓋を閉めると蓋と本体の合わせ面に若干の隙間ができてしまった、というオチが…(´;ω;`)


…買い替えるか…。



以上、終わり。


  


2019年04月03日 Posted by ジャージお父さん  at 21:04Comments(0)その他ガンケース

TRENCHのゲームの後は…。

先日、何ヵ月かぶりにゲームに行って来ました。

場所は大阪府は河南町のアウトドアフィールド、TRENCHさん。

自分の中では鉄板な面白さだと思える、大好きなフィールドです。

ただTRENCHさんの難点は、一部地面の水捌けが悪く、ソコソコ泥んこになってしまうこと(まあ、それも含めて楽しいんだけど)。

今回も例に漏れず足元は泥まみれになってしまいました。



と言うわけで、今回は泥んこグッズ達のお手入れです。

ちなみにほぼビフォーアフターしか載せてませんのであしからず。

泥んこ掃除は基本、古歯ブラシでゴシゴシですので…。



半長靴。

以前からの積み重なる汚れと相まって、相当にきたないですね。


そこそこの期間履いているので、そろそろガタが出てきてます。

ソールの端が剥がれ始めています。


ソールにひび割れが…Σ(゚Д゚)

ブロックパターンの角もだいぶ丸くなってしまって…オヨヨ


それなりに綺麗になったかな?

最後は靴墨で仕上げてやりました。

自己流半長靴磨きはコチラ→半長靴もどきのお手入れ(自分流磨き方)



お気に入りのALTAの二ープロテクターもドロドロ。

いい具合にキズキズです。


こちらもナイロン部分、樹脂部分ともに古歯ブラシで泥を落とし、仕上げに濡れ雑巾でゴシゴシ。

それなりに綺麗に…。


最後はゲイター。

普段はコスプレ要素しかないゲイターですが、今回は多少なりその用途どおりに使われた感じがします(笑)

コイツは歯ブラシでゴシゴシした後、洗濯機行きです。



ちなみに自分の靴磨きセット。

汚れ落とし用ブラシに、黒・茶色の各靴墨ブラシ、黒・茶色の靴墨と、色別の磨き用ストッキングの塊、(見えてませんが)靴の修理用ボンドなんかも入ってます。

安物セットですが、仕事の革靴なんかもこれだけあれば自分は十分です。

今回はここまで。






  


2019年03月23日 Posted by ジャージお父さん  at 17:20Comments(0)その他その他

【Project.C.K.】サイクロン・インパクト・グレネード【ステッカーチューン】

ここ最近、Project.C.K.さん関連を連続投下中のジャージお父さんです。

今回は、前々からやってみたかったサイクロンインパクトグレネード(以下サイクロン)の自作ステッカーチューンをネタにしてみました。

※本記事を作成するにあたり、Project.C.K.さんのネット画像の使用と、作成物の当ブログでの公開について、Project.C.K.さんに許可をいただいています。



Project.C.K.さんはネット上に高画質の作品を多数公開されているので、今回はその画像をクロップしてサイクロンサイズに加工し、使用しました。

まずはこの↓デザイン。

元画像→TANK TOP[010]POWDER SMOKE

だいたいH65mm×W120mmの印刷サイズにしています。


使用した道具については、エーワンの手作りステッカーの強粘着タイプ。


サイクロンをばらして、もともと巻いてあったガムテープやステッカーなどをはがします。


プラスチックOKのパーツクリーナーをティッシュに浸み込ませて、サイクロンを拭き上げ、脱脂をします。


先ほどの画像とエーワン手作りステッカーで作成したステッカーの…


上側両角を大きめの一つ穴パンチで切り落とします。


↑の写真では分かりにくいですが、、上側の両角を切り落としています。

BB弾の噴出口を塞いでしまわないための加工です。


シールをはがして…


サイクロンの胴体に巻き付けていきます。


ちょっと斜めになってしまいました。

ステッカーの粘着力が強すぎて、ここまで貼ってしまうと貼り直しが困難でしたので、このままGOします。


こんな感じ↑に巻き付けられました。


キャップと底を取り付け、ステッカーチューン完了です。

ただ…


元々印刷シートの上に透明の光沢シートを貼り合わせてできているステッカーなので、サイクロンの胴体のような強い曲面への貼り付けには向かないようです。

内側になる印刷シートが外側の光沢シートに引っ張られて、表面がかなり凸凹になってしまいました。

ちなみにステッカー自体を保護するために、透明の梱包テープを上から巻いています。




さて、もう一つの方のサイクロンですが。

元画像→EXECUTION

次はこの↑画像を使ってみました。


出来上がりがこんな↑感じ。



さっきのものよりも上手くはできた感じですが、写真に写ってないところが大変なことになってます。

実はこちらは曲面対応の伸びるタイプのステッカー用紙を使っているのですが、腕前のせいか仕上がりに大差はありませんでした(泣)


ここ最近はサバゲーから遠ざかってはいるものの、こういった工作を通じてモチベーションを上昇させていってます。

3月くらいにはゲームに復帰できるかな?





追記

1個目のサイクロンにステッカーを貼った後、なんでこんなにステッカーがガタガタになるのか確かめるために、2個目のサイクロンの表面をよくよく観察してみました。



すると上記①の部分は個別部品を溶着させているのか、なんか変なキャタピラの跡みたいなガタガタが帯状にサイクロンの胴体をぐるっと一周しています。

また①よりも下の部分がしっかりと綺麗な円柱形をしているのに対して、上記②の部分は微妙に内側に反っていて、直径が若干細くなっているように見えます。

つまり、これら①および②をしっかりと平らに慣らしてからステッカーを貼るか、もしくは①より下の部分のサイズに合わせたステッカーを作るか(作業の手間と時間を考えるとこちらが妥当か)しないと、きれいには貼れないのかな、という気がしました。

この辺りは生産ロットの違いで解消されたりしているのでしょうかね~。

まあ、このことが分かりつつ、2個目のサイクロンのPCKステッカーチューンを無策で強行するあたりが、O型なんでしょうケド(笑)

今回はここまで。



  


2019年03月01日 Posted by ジャージお父さん  at 22:54Comments(0)その他グレネードProject.C.K.

【Project.C.K.】がれきっさ猫鯖さんに突入!

自分が最近お熱のProject.C.K.さんのグッズを依託販売されているショップ、がれきっさ猫鯖さんに行ってきました。



一体何のお店かというと…

ガレージキットを作るスペースが店内にある喫茶店?

喫茶スペース付きの、ガレージキットを作るブース?

というような事前情報。

ガレージキットは愚かプラモデルすらほとんど作らない自分みたいな人間が、委託販売品を買うためだけに立ち寄っては、店員さんやお客さん達から

「なんやこいつ、猫鯖に来て模型も作らへん、コーヒーも飲まへんて…」

というような目で見られるんじゃないのだろうかと思って、前もって確認のメールしてみました。

すると「全然大丈夫!お気軽に〜」的なお返事をいただいたので、ちょっと日にちが経ってしまいましたがお邪魔してきました。


HPで場所を確認したら、それなりに知ってる場所だったので、びっくり。



意識してないと目に入らないってこのことなんだな〜とか思いながらお店に向かいました。

南海電車難波駅の西側、阪神高速高架下にあるマクドナルドの西角を南に向いて歩いて行くと、左手にありました。



お店とお店の間に看板と細い階段が!

これがうわさに聞く、ライブハウス的入り口か!



階段のいたるところにProject.C.K.さんのポスターが貼ってあります。

その階段を下りていくと引き戸があり、



そこを開けると、早速正面にProject.C.K.さんのグッズが!(そして肝心の写真がない!)

引き戸を入って90度左を向くと、突き当たりにカウンター。

カウンターの周囲にはたくさんのコミック本が並べられていました。



カウンターを右に向くと、作業スペース。



模型に疎い自分には、なんだか分かるような分からないような道具類が。



ダクトのついた箱は塗装ブースでしょうか。



店内のショーケースには立体になったProject.C.K.さんのキャラクターが並んでます。



こういう立体物(フィギュア?)って、どうやって作ってるんでしょうね。

模型メーカーのプロの原型師さんも来店されてるそうです。



素晴らしい!としか言いようがありません。

2次元のイメージを崩すことなく3次元に起こすなんて、生半可な想像力と技術ではなかなかできるもんじゃないと思います。



カートに乗るダディとパンクなウサギ(U.S.A.?)。



ダディがいっぱい並んでます。



ドムに殴られたり、ギャンに刺されたり…大変そうです(笑)

お店の雰囲気としては、個人的な感覚で言えば、

「自分の部屋が作業場になった感じ」

とでも言えばいいのか、変に気取ったところのない、馴染みやすい感じの、自分の部屋の延長線上のような雰囲気。

模型やコミックに囲まれて、自分的には過ごしやすそうな場所でした。

こんなところが家の近所にあれば、入り浸ってしまいそうです(笑)


自分がお邪魔した時は、お客さんはおらず、店長さん?が一人でおられましたが、めちゃくちゃ気さくな方でした。

突然伺ったにもかかわらず、それまでの作業の手を止めて、グッズのことを色々と教えて下さったり、Project.C.K.さん関連のイベントのことを教えていただいたり、果ては模型作りの道具の話をしていただいたりで、コミュ障の自分でもとても有意義な時間を過ごせました。

ちなみにProject.C.K.さんのグッズについては、件のステッカー類、画集、タンブラーなどがありました。

画集も欲しかったけど、大きすぎてカバンに入らないので、泣く泣く諦めました。



今回は、Project.C.K.さんのステッカーを買うためだけに猫鯖さんにお邪魔しましたが、今後また機会があれば立ち寄らせてもらってコーヒーブレイクでもしてみようかな〜と個人的には思えるお店でした。


追記

Project.C.K.さんの事務所とはご近所同士だそうで、仕事帰りなどにちょくちょく顔を出されるそうです。

運が良ければ、ご本人さん達に出会えるかもですね。

自分はそうそう立ち寄れないのでチャンスはなさそうですが(*T^T)








  


2019年02月26日 Posted by ジャージお父さん  at 16:10Comments(0)その他Project.C.K.