スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

 Posted by ミリタリーブログ  at 

ミリタリーキャラクターステッカー(萌え系?)その②

ちょっと前に、ヤマメPJさんのオリジナルステッカーを買ってみましたよ~、という内容の記事を投稿しました。


今回はそのステッカーたちを活用してみよう、という内容です。

まずはコレ。


BBボトルに貼る重さ別ステッカー。

0.2gの弾しか使わないよ~って方には必要ないかもですが、自分は0.2gと0.25gを使い分けていますので、このステッカーは趣味と実益を兼ねます。

ステッカーの台紙の端っこを少しだけ折って、対象物に貼り付けます。

※本来なら貼り付ける部分の脱脂をするのがベストですが、めんどくさかったので割愛。

大体の位置を合わせて端っこを貼り付ければ、貼った部分が外れないように指で押さえて、台紙を徐々に外しながら残りの部分も貼っていきます。

BBボトルは円柱形なので、最初はステッカーの左から右に向かって、中心部のみを軽く張り付けていく感じで、台紙を外して貼っていきます。


こんな感じです。

ステッカーを貼り付けた中心部を、爪の背や専用のヘラなどでしっかりとなぞって、空気を押し出します。

後はステッカーの中心部から外側へ向かって、空気が入らないように徐々に貼り付けていけば完成です。

0.25gのステッカーもこんな感じで。

ステッカーの外周部はなんだかうまく張り付きませんでした。

若干浮いていて、ステッカーとボトルの境界線が見えています。


ざっとこんな具合です。

分かりやすくなりました(#^^#)






さて、お次はこんなもの↑を用意しました。

0.8mm厚のマグネットシート。

「6mm INSIDE」のステッカーをマグネットステッカーにしてみます。

ちなみに同デザインのマグネットステッカーは、完成品が同じサイトで販売されていますが、ステッカーの方がだいぶ安かったので、自分で作ることにしました。

ステッカーをそのまま車に貼ればええやん、という考え方もあるのですが、やっぱりおじさんにも家族はいるし、世間体なんてものもミジンコくらいは残っているので…(*_*;

気を取り直して。

まず使う道具ですが、カッターマットとデザインナイフ。

あと30cm定規。

作業前には必ず刃の交換です。

ステッカーを貼る位置を決めて…

BBボトルの時と同じで、端っこを少しめくり、今回は台紙の端っこを切り落とします。

切り落とした部分を貼り付けてから、残りの部分の台紙をはがしつつ、これもさっきと一緒で空気を抜きながら貼り付けていきます。

スマホの画面のフィルムを貼り付ける要領とおんなじですかね~。

空気抜きをしながら、一応全面貼り付けました。

上手いことできたと思ったのですが、よくよく見てみると、↑こんなとこや、

こんなとこに空気が残ったままになっていました…(´・ω・`)ショボーン

気を取り直して、今度はカットです。

長めの定規を当ててカットしていきます。

あんまり強くカッターを当てると、定規に刃が立ってしまうし、力を入れずに何回もカッターを這わすと、カットラインが分岐してしまったりするので、程よい力加減を見つけるのに一苦労です。

ようやく元シートからの分離が完了。

今度は角部分です。

自分は定規を当てて、角を切り落とし、

さらに細かい角を切り落とし…という方法を試してみましたが、最終的には細かくなりすぎて定規が当てられず、微調整はフリーハンド、というオチになってしまいました。

なら最初からフリーハンドで、ということで残りの3か所はフリーハンドで切ってみましたが、結論、フリーハンドで良かった。

うん、それらしくできました。

さて、これを車のどこに貼ろうかな。

ボンネット。

なんか違う。

レーシングカーのスポンサーステッカーみたく、ドアのヒンジ部分。

これもなんか違う。

給油口。

横長の給油口蓋に縦長ステッカーはおかしい気が。

あちこち貼っては剥がしした結果、リアハッチのエンブレム上に落ち着きました。

なんとも無難な場所ですが、何だか落ち着きが良いし、この場所だと走行風も直接は当たらないので、何かの拍子にサヨナラすることもないでしょう。

ちなみに走行テストでは高速道路も走ってみましたが、規制速度80km/hの高速道路でもマグネットが飛んでいくことはありませんでした。

参考までに、一般的に売られている初心者マークのマグネットの厚さが0.8mmなんだそうですよ。





おまけ

空自の新戦闘機F-35Aのステッカーも買ってたんですが。

屋外でもバリバリ使えますぜー的なスペックですが、さすがにマグネットを円形に切り抜くのは難しそうなので、何か別の用途を探そうと思います…。



ヤマメPJさん関連リンク

【BOOTH】ヤマメは今日もサバゲー日和【販売サイト】
【ミリブロ】ヤマメは今日もサバゲー日和



  


2018年06月05日 Posted by ジャージお父さん  at 15:56Comments(1)その他

ミリタリーキャラクターステッカー(萌え系?)その①

最近、何をやるにしても腰が重いジャージお父さんです。

能動的にやることと言えば、菓子パンをむさぼることくらい(甘いもの大好き)。

おかげで元々デブい自分がさらに肥え始めています( ゚Д゚)



さて、今回は(今回も?)買い物記事。

いつもどおり大した買い物ではありませんが、自分的には見た瞬間「これイイ!」と思えたアイテムなので、紹介しておくことにします。



やまめPJさんのオリジナルステッカー。

カーステッカー「6mm INSIDE」と、BBボトルステッカー2種セットになります。



まずはカーステッカー「6mm INSIDE」



サイズはだいたい縦132mm×横116mm。

ヤマメPJさんは某米海軍特殊部隊好きだそうで、イラストはOPS-COREのバリスティックヘルメットにコムタック、CryePrecisionのG3コンシャツ・コンパン、(たぶん)LBT6094A、HK416DのNavySEALs定番装備。

こういう部分が変にディフォルメされていないところがイイ感じです。

同じイラストで「AIRSOFTER IN CAR」とか「WARRIOR IN CAR」、「DOG ON BOARD」などの文字が入ったバージョンもありました。

カーステッカーなので、サイズがそこそこ大きく、存在感がハンパ無い。

萌え系(?)ミリタリーステッカー好きには気になる一枚だと思います。



次はBBボトルステッカー2種セット。



縦(最長部)49mm×横104mm

自分は長物電動ガンに0.25g、ハンドガンに0.2gの弾を使っているので、BBボトルを2本使っています。

この2本のボトル、ふたの形状が異なっていて一応見分けはできるんですが、色が似ていて、間違うことも結構あります。

というわけで何かステッカーでも貼って間違わないようにしないとな~と思っていた矢先に、これを見つけました。

色という意味では、どちらも濃色ということで区別しにくいかもしれませんが、そのものズバリ数字が書かれてあるのが良いかと思います。

こういうカワイイ感じのマンガ風キャラクターが嫌ではなければ、おススメです。



最後にコチラ。



かわいいキャラクターの書かれたサンクスカード。

イラストや文字のラインをよく見てみると、おそらく直筆だと思われます。

こういう物が同封されていると、買う側にとっては少し嬉しくなったりしませんか?

ただ保管をどうしようか考え中。



ヤマメPJさんの販売サイトではこれらのアイテムのほかに、オリジナルパッチや車用マグネットステッカーなどを販売中です。

良かったら足を運んでみてください。

今回はこの辺で。

ミリタリーキャラクターステッカー(萌え系?)その②


  


2018年04月29日 Posted by ジャージお父さん  at 21:32Comments(0)その他

タクティカルAK(笑) 修理

以前、一度何かの記事に書いたことがあると思いますが、我が家にある唯一のカラシニコフ。



近代化された(モダナイズド)タクティカルAK。

エイムポイントもどきがついています(笑)

高い耐久性をもつといわれるAKですが、ウチの5歳児の激しい使用に耐えかねてついに故障。

弾が装填できなくなりました。





ということでジャージ・ガン・ファクトリーで修理と相成りました。

早速分解。



さすがは天下のカラシニコフ銃。

構造が超シンプルです。



何かの拍子にメインスプリングが、ガイドレールから外れたようです。



スプリングをガイドレールに戻して、なおかつトリガーと一体成型になっているスプリング留めにスプリングの後端を引っ掛け、フレームを閉じて修理完了!



修理後には初速の測定は欠かせません。





けっこうばらつきはありますが、銃口初速12m/s前後。

初速は思っていたより高くて、ちょっとびっくり。

せいぜい5m/sくらいかと思っていました。

なんにせよこれでオーナーのもとに引き渡しです。

そこそこ喜んでくれていました。


読んでいただいている方には、つなぎ記事でスミマセン。

今後もう少しM&P系の記事が続くと思われます。


終わり。




  


2017年10月07日 Posted by ジャージお父さん  at 23:00Comments(0)その他

軽装甲機動車

最近ちょっと前の未視聴アニメを掘り返して見ているんですが、面白いのがちょくちょくありますね。

その中でもお気に入りが「灰と幻想のグリムガル」。

内容的には壮大なストーリーでもなく、圧倒的な強さや派手な魔法が炸裂するわけでもない、地味な感じのファンタジーものです。←だがそれがいい。

駆け出しの冒険者が苦難を乗り越えて成長していく「はず」の物語。

「はず」というのは1クールで作品が終わってしまって、成長後の姿を見ることができないから(泣)

円盤もあんまり売れなかったようで、続編は超期待薄。

まあ確かに、客観的に見れば地味すぎて爽快感や視聴後の満足感などは得にくいものだったかもしれませんが、素朴な感じのするいい絵柄や話だったと自分は思ってます。





閑話休題。

今回は時々町中でも見かける(自分だけ?)、陸上自衛隊の軽装甲機動車。

これのトミカを買ってしまいましたよ~って話です。









ディテールなんかは詳しくはどうなのか分かりませんが、「にわか」の自分には相当カッコよく見えます。

無骨なデザインで、この存在感がたまりません。

これが500円足らずで買えるなんて、満足度☆5つです。

嬉しがってキッチンカウンターに飾っていたら、ウチの3歳男児にシンクに放り込まれていたので、現在は職場のデスクの隅っこが車庫になっています。

あと2台くらい買って、並べて飾ってみようかなと画策中です(笑)



…購入後1週間ほどたって初めて、ドアが開閉することに気づきました。



今回はこれまで。


  


2017年03月28日 Posted by ジャージお父さん  at 00:05Comments(0)その他