88式鉄帽(テッパチ)に必要なアイテム類と組み上げ方

ブログの投稿画面にある、テーマ欄がよくわかりません。

自衛隊装備の話だったら、自衛隊を選択してもいいんでしょうか?

謎です。




さて今回は陸自装備のヘルメットである88式鉄帽、いわゆるテッパチのお話です。

テッパチについてはかなりいろんなレプリカが販売されていますが、自分が購入したテッパチはネット販売されているシェンケル?というメーカーのものです。

自分のミリタリーの師匠であるY先生に言わせると、形も大きさもそこそこ悪くなく、値段も安いという良いとこ取りのテッパチです。

ラインナップは黒とODがあるのですが、なんでか黒がやたらと安かったので、今回は黒をチョイスしました。

どうせ鉄帽覆いをしてしまうので、何色でも大差ないなら安い方で、という分かりやすい貧乏根性。

とにかくこんなのを買いました、ということで。

<88式鉄帽>





黒です。

デフォルトのあご紐は2点式です。


中はハンモック式(?)と言うんでしょうか。

実物のテッパチもこんな感じらしいのですが、米軍のMICHやOPS-COREなどと比べて、作りがシンプルなだけあって安っぽい感じが否めません。

重量的にはプラスチック製なので、部屋で試着するくらいでは重くは感じません。

ただゲームで一日かぶるとどうなのかは、実際やってみないと分からないというところです

サイズ感はブカブカとまではいきませんが、自分にはやや大きめです。

※過去の記事で、自分の頭の周囲長は約58センチみたいなことを書いている(どの角度で測ったかは忘れました)ので、参考まで。

またあご紐はデフォルトが2点式で、頭部への固定が悪く、頭を前後に軽く振ると、帽体が大きく前後に振られます。

さすがにこれではゲームには使えません。





ということで、あご紐を交換してみます。


戦人さんの3点式と4点式のあご紐を両方買ってみました。

両方試して、具合の良い方にしようと思います。




まずは3点式です。

画像の上方向が後頭部、下方向が顎当て部分です。

後頭部で1ヶ所、こめかみ部左右で2ヶ所の3点でヘルメットを頭に固定する方式です。

<3点式あご紐>



3点式の取り付け方法ですが、今回はちゃんとした下調べもせず、フィーリングで付けちゃいました。

もし間違っていたら、ごめんなさい。

でもこの取り付け方ですでに半年以上ゲームしてますが、今のところ不具合はありません。



まず、たぶんこの後頭部当て(?)は取り外すんだと思います。


後頭部のこの辺のと、


この辺のねじを外して、後頭部当てと2点式あご紐を外します。

そして2点式あご紐が付いていた左右のねじはそのまま締め直して、


そのひとつ前側のねじを外し、3点式のこめかみ部の端部を取り付けました。






次は4点式。

こちらは後頭部左右の2ヶ所、こめかみ部左右の2ヶ所の計4点で固定する方式です。

<4点式あご紐>





取り付け方については後頭部当てをはずすところは3点式と同様です。

こめかみ部の端部は2点式が付いていたねじのひとつ前、後ろ側の端部は2点式が付いていたねじのとひとつ後ろのねじを使って取り付けてみました。





使用感についてですが、3点式、4点式ともに帽体の頭部への固定は大きな差はなく、2点式に比べてかなりしっかりと被れます。

2点式であった、前後に大きく振られたりはほとんどなくなりました。

また、これは個人差が大きいと思いますが、3点式は耳周りの部分(三角形になる部分)がやや小さく、自分はあご紐が耳にかぶってしまうので、耳が押さえられる感じがして違和感がありました。(ゲームで激しく動くと擦れて痛そうです)

比べて4点式は耳の部分が広くとられているので、あご紐が耳にかぶらない分、押さえられてる感じがありません。

メディアでは3点式をつけている写真をよく見るような気がするし、スタイル的にも3点式の方が好きなので、自分としてはできれば3点式を着けたい。

ですが圧迫感があったり耳が擦れて着用が苦痛になるのは嫌なので、快適性を重視して今回は4点式をチョイスすることにしました。




そして仕上げ編。


「鉄帽用 快適の輪」というグッズを取り付けます。

<鉄帽用 快適の輪>




頭頂部に入れるクッションです。

たぶん細長くなっている方が後ろだろうと思い込んで、そのように装着しましたが、戦人さんのHPを見るとどうやら長い方が前に来るようですね(汗)

これを付けるだけで、デフォルトの硬いハンモック状のクッションとは比べ物にならないくらい、それこそ柔らかく快適になりました。

またハンモックだけだと帽体が深くなりすぎてカリメロみたいになってしまいますが、これを入れるだけで、イイ感じに上げ底されて適度な深さになります。

ただ、ふたつも要らない…(;´Д`)




次はライナーのおでこに当たる部分に、汗取りバッドを取り付けます。

<鉄帽用快適汗とりパッド>



自分は肌が弱いので、デフォルトのライナーの素材は汗が溜まって汗疹ができてしまいますので、これ系のアイテムは必須です。

ただ、せっかく2型迷彩のデザインなのに、ライナーに取り付けると裏向きになって見えなくなる謎仕様。




そして鉄帽覆いをかぶせます。

<鉄帽覆い>





サイズは中号、メーカーはおそらくエスグラ製だったと思いますが…

スミマセン、はっきりとは覚えてません。 

かぶせる向きを注意して、しっかりかぶせた後、フチの紐をギュ~ッと強く引っ張り、結びます。

できるだけシワがよらないように注意しながら、かぶせます。





最後にゴムバンドをベルトループに通しながら一周させて、後頭部でフックをつないだら、一応の完成です。

<鉄帽用ゴム>







どうでしょうか。

自分のような「にわか」が見ると、ものすごくリアルに見えます。

これでようやく、自衛隊のヘルメットをかぶってゲームすることができます。

テッパチは、あれやこれやといろいろパーツを付け足していかないと装備品としてそれなりのカタチにはなりません。

そこが箱出しでそれなりに使えるMICHやOPS-COREのレプリカとは違うところですが、実際買ってみるまで知りませんでした(セットで売られているものだと思っていました)。

でもだからこそ、作り上げたという達成感でとても愛着がわきますね(笑)

次のゲームからミリタリー先生のY氏とおそろいで、陸自普通科隊員のコスができます。


おわり。


…あ、V8のマウントも付けたんですが、写真を撮るのを忘れてますね。

マウントについてはまた今度、ということで。




  


2017年04月01日 Posted by ジャージお父さん  at 21:55Comments(0)ヘルメット関連

OPS-CORE ファストカーボンヘルメット

皆様、あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。


さて、本年の一発目はエマーソン製のOPS-COREカーボンヘルメットの紹介です。

と言っても、以前に同社のバリスティックヘルメットのレビューをしてます。

それとほぼ一緒、帽体に穴があいただけですので、今回はホントにサラッとだけになります。



この、エマーソンのOPS-COREタイプのヘルメットはいろいろなバリエーションがあります。

後頭部のチンストラップ調節具が省略された廉価版とか、帽体とクッション材の間からシールドが出てくるタイプとか。

実物でそういったタイプはありませんが、価格が安いだけに、買って試してみたい気もしますね。

※シールドが出てくるタイプは「LETH」というモデルがラインナップされていますが、これは帽体形状がACH/MICHのような形状になってました。



それでは本題です。

実物OPS-CORE(PDFファイルでカタログを開きます)では、バリスティックとカーボンは帽体の素材からして全く違うものです。

ですがエマーソンのレプリカに関してはさっきも書いたとおり、バリスティックとの違いは帽体に穴が空いただけです。

カラーは黒。

米空軍PJのアイコン・アイテムのひとつと言っても過言ではないヘルメットです。



続けて正面図。



後ろから。



上から。



照明のせいか、写真の撮り方のせいか分かりませんが、やたらとテカってるのが気になります。

今度、艶消し塗装でもしてみようかと思います。






ちなみにOPS-COREのバリスティックタイプには、FAST MARITIME(マリタイム)というモデルがラインナップされています。

形状はバリスティックとよく似ていますが、耳の部分のカットが若干大きい、サイドレールの形状が違う等の特徴があります。

いちばん分かりやすいのはレール形状で、こんな形↓をしています。



〇前部の取り付けネジ付近の形状が違う。

〇後ろ側の縦向きのレール上のスリットの数がバリスティックは3個、マリタイムは4個(上記写真ではコードでひとつ隠れています)で、縦向きレール自体の長さがバリスティックと比べて長い。

とか。

上の参考写真は、exifデータに「A Marine Special Operations Team member」とありましたので、ウッドランドBDU(元画像にはBDUまで映ってます)からしてMARSOCだと思うのですが、やっぱりMARITIMEだけあって、海関係の人が使うのでしょうかね~。

SEALsとかも使っているそうです。

当チームのH君がSEALsコスをやるというので、豆知識程度に書いてみました。

ちなみにMARITIMEのレプリカはいまだ見た事がありません(T_T)

ぜひぜひ出してほしいですね、エマーソンさん(*^_^*)



  


2014年01月04日 Posted by ジャージお父さん  at 00:33Comments(0)ヘルメット関連

非正規日本部隊(笑)のOPS-COREバリスティック



前回に続いて、脳内設定・非正規日本部隊(笑)のヘッドギア紹介です。



何の変哲もないOPS-COREバリスティックです。

自家製塗装とボレーX800ゴーグル(なぜかオークリーのバンドが付いていますが、気にしないでください(笑))。

パッチが貼られています。



右側パッチ。



MSM(MilSpec Monkey)製のワードパッチ、「WHAT NOW BITCHES!」。

意味は「お次は何だ、このやろう!」的な感じだそうです。

その上は自作のIR風パッチです。

なんか汚いですね(-_-)






そして左側。

こちらには、自作のLBT風コールサインパッチ。



作りは稚拙ですが、雰囲気重視、ということで。



後頭部には、定番のMS2000



MS2000の時はゴーグルをやめた方がいいかもですね(^_^;)。

ちなみにおでこのNVGマウントには何もつけていません。

何かつけたいんですが、今何がいいのか勉強中です。

そのうち、突拍子もないものを付けるかもしれません。

…バナナとか…。

失礼しました。




  


2013年11月09日 Posted by ジャージお父さん  at 08:25Comments(0)ヘルメット関連

OPS-COREバリスティック 塗装

こんばんは。

だいぶんとご無沙汰いたしておりました。

今確認すると、先月の18日午前1時が一番最近の投稿でした。

2週間も空いてしまうと、こんなチンケなブログ、自他共に忘れられてしまいそうな気がします(笑)

でも、アクセス解析を見ると、チェックしてくださる方もいて、正直、感激しております。




さて、いきなりで恐縮ですが、以前も書いたとおり、最近なんだか流速チューンに行き詰って、鉄砲関係のカスタムに対するモチベーションが維持できてません(>_<)

徐々に試してみたいことは、あれこれ思いついているのですが、もうちょっと充電が必要なようです(-_-;)

で、代わりに何かやりたいな~と思っていて思いついたのが、今回のテーマ。

こないだ購入した、使い勝手の悪い「OPS-COREバリスティックヘルメット レンジャーグリーン(以下RG)」の塗装です。

レンジャーグリーンのヘルメットって、MICH2000や同2001、2002なんかは陸レンジャーが使ってたりするのをミリフォトで見た事はあるんですが、OPS-COREのRGはほんとに見ないですね。



現行ドイツの国境警備隊GSG9が黒いBDUにRG系の装備を付けてるようですが、そのくらいですかね~。

ヘルメットはTANにRGのカバーかも?



でもG36は「かたち」的にあまり好きではないので、GSG9の真似はしません。

HKは嫌いではないのですが…。





で、本題に入ります。

まず下記の、前後のネジを2か所ずつ、左右ともに取ります。





この際、NVGマウントにつながっているゴムひもは外しておいたほうがやりやすいです。

フックでマウントにひっかけているだけなので、すぐに取れます。

するとこんな感じ↓に分解できます。



ちなみに黒っぽい発泡スチロールのお椀みたいなのは、おでこの部分のライナーの一部です。



これもベルクロでひっついているだけなので、ちゃんと外れます。

プラスチック製のライナーが、しっかりと成型できていないようです。

曲がっている部分に白い筋が入っていました。



分解してみないと分からないこともありますね。



レールの裏側です。

やっぱりよく見ると、縁や各所にバリが残ってます。



バリをやすりで撫でて、削って平らにします。

レールのバリを取ったら、外す前と同じようにヘルメットに取り付けます。

そして、以前自分のCAR-15を塗装したときに使用した「洗濯ネットのひらき(笑)」の再登場です。



ヘルメットに巻きつけます。

そしてタミヤのラッカーカラースプレーのTAN色を何度も薄く吹いて、塗り重ねます。

その後、差し色?「迷彩、意識してますよ~」的な感じで、同スプレーのダークアース色を部分的に軽く吹いてます。

ラッカー塗料は乾燥がものすごく速いので助かります。

ここでひとつ、コツのようなものですが、塗装面にしっかりとスネークスキン風の洗濯ネット柄をだすには、できるだけ、ヘルメットの表面と洗濯ネットを密着させることです。

ヘルメットの表面からネットが離れてしまうと、スプレー缶だとどうしても塗りつぶれちゃいますね。

で、出来上がったのがコチラ。









で、↓が以前の色合い、レンジャーグリーン。

奇跡的にほぼ同じ角度!



撮影場所が屋外と屋内の違いはありますが、まあ、だいたいこんな感じです(笑)

自分的にはもうちょっとダークアースを吹いてもよかったかな?という感じですが、なんとなくそれっぽくなったのではないでしょうか?

携帯端末等では分かりにくいかもしれませんが、わりとしっかり目に「スネークスキン風洗濯ネット柄」も付いています。

今回は、ベルクロやレール、NVGマウントを付けたままの塗装ということで、かなり横着した感がありますが、ミリタリー装備への塗装はこのテキトー感が良いような気がしないでもありません(^_^;)

問題は、この塗装したヘルメットを使って、どんなミリコスをするか、ですね。

けど、TAN色系ヘルメットは使い勝手が良いので、そのうち何かで使うでしょう(笑)

今回はここまで、ということで。





  


2013年05月02日 Posted by ジャージお父さん  at 01:33Comments(4)ヘルメット関連

OPS-CORE バリスティックヘルメット レプリカ

前回の投稿に引き続き、買い物編です。

前記事の終わりくらいにちょこっと書きましたが、前々から気になってたアイテム、ヘルメット。

装備の方向性の話題は別として、だんだん暑くなっていくこれからの時期に盛り系フル装備買い込んでどないするんじゃい、という後悔もないことはないですが、買っちゃいました(笑)

…というほどの大層な買い物でもないのですが。

「エマーソン製 OPS-CORE FASTバリスティックヘルメット レプリカ」です。



そして、一連のレンジャーグリーン。

まあ、プレキャリと違って、ヘルメットは塗装して色を変えれる利点があるんで、なに色でもひとつ持ってれば重宝するんじゃないか、と。

また自分はヘルメットに関しては、他のアイテム以上に勉強不足で、ディテールについては何が正解かは分かりません。

マウントもレールも正しい形をしているか全く分かりませんので、製品としての出来栄えをレビューしてみたいと思います。

とりあえず周囲をぐるっと。

正面。



NVG(ナイトビジョンゴーグル)のマウント付きです。

マウントもなんかいろんな種類があるそうで、混乱します。

そして横。



レール付き。

レールも

後ろから。



後頭部の丸っこいのは、回すと内側のライナーが緩くなったり、しまったりして、多少のサイズ調整ができるようになっています。



↑内側です。

外殻の内側にライナー(黒い枠状の部分)があるのが分かると思いますが、これが緩くなったりしまったりします。

ライナーの位置も微調整できそうです。

側面後方のこのネジ↓



これを緩めると、ライナーのこの部分↓が



若干動くようです。




帽体内部には、頭頂部と後頭部に発泡スチロールに布を張ったクッションがあります。

これはベルクロで取り外し、位置調整ができるようになっています。

↓側面のクッションです。



これもベルクロで脱着出来るようになっています。

たぶん、無線機のヘッドセットを装着した時は、このクッションは外すのだと思います。

オプションパーツもなんかいろいろ付いています。



真ん中奥の四角いパーツは、NVGマウントの四角いあなにはまります。

単なるフタなのか、NVGを取り付けるためのパーツなのかは、勉強不足でよく分かりません(^_^;)

その左は鉄砲用の20mm幅ピカティニーレールで鉄砲用のアクセサリーが付けれます。

右側は…よく分かりません。

その下に並んでいるのは、形状から察するに、たぶんゴーグルなどのバンドをヘルメットのレールに取り付けるための、固定具だと思います。

違ってたらスミマセン。


↓はこのヘルメットについていた説明書です。



裏です。



英語ですが、イラストが描いてあるのでだいたいどこをどうすればいいのか、分かります。

そして自分的に嬉しかったのが、無線機ヘッドセットのコムタック等を付けるときはこうします、的な説明書があったことです↓。



前から、こんなかさばる物をどうやって付けてるんだろうかと不思議に思っていたのですが、なるほど、こういう構造なら分からなくもないですね。



さて、今回エマーソン製のヘルメットを紹介したのですが、ものとしては、レールやプラスティック製の小物パーツ部分にけっこうバリが出ています。



こういうところが、実物を見たことが無い自分ですら、安っぽさを感じます。

またちっちゃいことですが、ベルクロ部に一部わずかな裂け目がありました。



こういうところが、いわゆる中華品質なんでしょうが、安さたる所以、というところでしょうか。

しかしこの辺りをきれいに処理して、その後スネークスキン風塗装や、ウェザリング等を施せば、それなりにかっこよくなりそうな気もします。

安さゆえに、躊躇なく塗装やウェザリングなどができるところが、こういうレプリカ品の最大の魅力かも知れません。

安い、安い、と書いておきながら、自分的にはこれを買うのもけっこう決断力がいるのですが…(笑)



また、着用感ですが、デフォルトの状態で自分的にはわりとしっくりきました。

自分の頭の外周は約58cm、標準よりでかいか小さいか分かりませんが、これより多少大きめの人も、小さめの人も被れそうな感じです。

重さはさほど感じませんでした。

バイクのジェット型ヘルメットをかぶりなれてる自分としては、むしろ軽いくらいで全く違和感がなく行動できます。

スケート用のヘルメットより気持ち重量があるかな?くらいの感じです。

コムタックを付けた時はどう変わるか分かりませんが。



ただ、基本的にヘルメットって体を動かす時に付けると、季節を問わず暑いです。

特に今回のバリスティックヘルメットは、上部に穴がまったっく開いていないので、相当蒸すんじゃないかと思われます。

そんなヘルメットをなぜ自分はこんな時期に購入したのかは謎です。

たぶん秋口くらいまで使うことはないような気配がします(^_^;)

こんな感じですかね~。

ではまた。











  


2013年04月11日 Posted by ジャージお父さん  at 09:38Comments(5)ヘルメット関連