スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

 Posted by ミリタリーブログ  at 

S&Graf 陸上自衛隊2型迷彩 JF.TCA-P1 タクティカルパンツ

ひそねとまそたん、イイですね!

空自と言えば、やっぱり戦闘機や輸送機などの航空機を飛ばせる自衛隊部門ということで、カッコいいけど緊張の連続!っていうイメージが自分にはあるんですが(偏ってますかね?)、ひそまそはいい感じにほのぼのしてるというか、まったりしているというか。

どこか昭和を匂わせる雰囲気があるように感じます。

自分だけでしょうか?



さて今回は前回に続いて、自分がサバゲーで着用しているBDUのパンツについて紹介していきたいと思います。

品名はJF.TCA-P1 タクティカルパンツ。

現在は更新されてP2になっています。

基本的にポケットの形状が変更になっているくらいのようです。

こちらもS&Graf製です。



なぜ上着が「コンバット」シャツなのにズボンは「タクティカル」パンツをチョイスしたのかについては諸説あります(笑)が…。

エスグラさんにもCryeタイプの2型迷彩コンパンはラインナップにありはしますが、陸自現用っぽい装備にCryeタイプのコンパンは、いくらナナメ上の自分でも「無いな」と思った、というのが最も有力な説です。



元々は32インチを履いていたんですが、肥えに肥えて現在は36インチ。

さすがに36インチは自分の腹回りでも多少余ります。

生地的にはノン・リップストップ、やや厚手の生地で、部位によっては補強されてさらに厚くなっているところもあります。

かといって動きにくいとかはなく、それなりに履けるパンツだと思います。

エスグラさんの2型迷彩生地は緑がちょっと濃い気がしますが、TMCなどに比べれば全然いい感じです。



シルエット的には公称では細身に作ってあるそうで、32インチを履いていた時には一般的なBDUのパンツに比べてやや細身かなとは思っていましたが、さすがに36インチだともはや細身といえるシルエットではなくなっています。

股上がそこそこ深めなことに加え、ヒップ周りがやや大きく作られているので、そこそこ動きやすい。

ただ36インチを、身長が170cmに満たない自分が履くと、股の部分が余りまくって、シルエットがMCハマー程では無いにせよ大変なことになっています。



またこのパンツはタクティカルパンツと言うだけあって、ポケットとD環がやたら多くついています。







実際のタクティカルなシーンではポケットの数が生死を分けることがあるのかもしれませんが(あるのか?)、サバゲーでは不要です。

全てダミーでも良いくらいです。




膝には、ウレタン製の分厚いパッドが入れられるようになっています。



あんまり膝をついたりしない人だとこれで十分だと思いますが、自分は膝が弱いクセに膝をつきたがるややこしい人なので、付属のパッドを取り外し、上からALTAのニーパッドを着けています。


両腰にはアジャスターが付いていて、多少のオーバーサイズなら、ここで調整が利くようになっています。

調整具が邪魔でちょっとだけベルトが通しにくかったりします。



足首部分には足首を絞るための紐が入っていたのですが、自分は裾をブーツインする時に邪魔になるので、抜いてしまいました。



こうやって改めて解説してみると、色々と機能性の高いパンツなのかなとは思いますが、陸自装備をする上で必要な機能かと言われれば、不要と言わざるを得ません。

確かに一般的なBDUや自衛隊の戦闘服に比べれば、同サイズなら細身にできていますので、シュッとしては見えます。

ダボつくよりは今風で、カッコいいなーとは思います(細さは正義?)。

でもその機能とシルエットを盛る分、割高にはなっています。

購入時な何に重きを置くかですかね。

自分はCryeタイプのコンシャツ・コンパンから陸自装備に移って来たので、どうしてもコンパンやタクティカルパンツに目が行ってしまっていました。

どちらを選択するかは買う人次第。

結論、あんまり自分的に推しポイントがないパンツでした。

かといってダメなところも見当たらいない。

記事にしておきながら、おススメ度は☆5段階で☆3くらいです(笑)



☆同じくエスグラ製2型迷彩のコンバットシャツの記事も合わせてどうぞ~☆




なんかこっちの方がよさそうです(笑)















  


2018年05月14日 Posted by ジャージお父さん  at 22:03Comments(0)装備ウェア関連

S&Graf 陸上自衛隊2型迷彩 JF.コンバットシャツ

シュタインズゲート・ゼロのエンディングテーマ、屍姫のOP・angelaの「Beautiful Fighter」に似てるとこないですか?



ここ2~3年、ミリタリー先生のY氏の影響もあって、陸自の普通科っぽい装備でゲームに参加しています。

相変わらずリアルを追求することは苦手なようで、独自の解釈や妙なオリジナリティを取り入れたがる傾向は治っていません。

折しも最近の陸自普通科では私物アイテムの使用が多く見られるようになってきたこともあり、自分にとっては追い風状態、ここぞとばかりに斜め上の普通科隊員を演じています(笑)

そんなこんなで、これから数回に分けて、自分が普段着用している陸上自衛隊装備を紹介していきたいと思います。



まずは第1回、BDU編。

自分はS&GrafさんのJF.コンバットシャツとJF.TCA P-1タクティカルパンツを上下で着ています。



コンバットシャツのデザインはいわゆるMASSIFタイプ。

米陸軍でもマルチカムやACUで同型のものがありましたが、米軍のそれとは生地が違います。

米軍のものは胴体の生地が伸縮性のあるナイロン生地らしいのですが、こちらは伸縮性の無いメッシュ地。

首もとにファスナーがついていますが、これもMASSIFにはない仕様。



あとはだいたい同じようなデザインです。

上腕部にファスナー開閉のポケット、パッチベース。



パッチベース上部についている短いベルクロ留めの帯が何に使うのか謎です。

パッチを貼りにくくて仕方ありません。

肘の部分には、滑り止めなのか、ツブツブのついた補強が大きめにとられています。

手首はベルクロ留め。



袖の太さ長さはややゆったりしていて余裕があるように見えるのですが、ロールアップしようと思うとなぜか少ししかできません。

また襟の部分ですが、横幅が広すぎるのか、よく防弾チョッキやチェストリグ等に巻き込んでしまい、銃のスリングが直接首にあたって擦ったりします。

あんまり襟の役割が果たせてないような…。

胴体のメッシュ部分は、さすがに快適です。

汗だくになってもすぐに乾くし、装備を外すと涼しくて汗もすぐにひいてきます。

伸縮性がないといっても、全く伸びない訳でもありません。

また、MASSIF程タイトに作られてるわけではないので、自分のようなおデブさんでも特に窮屈ではありません。

ゲーム後の洗濯についても、家族の洗濯物と一緒に洗濯機で回していますが、特に破れたりはありません。



まとめとしては、首周りの作りに違和感はあるものの、一般的なBDUと比較して快適で着やすく、装備品を上から着用するのに適しており、なおかつ陸上自衛隊普通科の見た目もそれなりにキープできる(←ここ大事)優れものです。





自分は気に入っていて、もう2~3年ほどこればっかりです。

陸自装備に限らず、最近はアーマーを着用する方もフィールドで良く見かけますので、そういう方にはコンバットシャツ、いいんじゃないでしょうか。

最近は安価でそれっぽく見えるレプリカ商品も多く販売されていますので、入手は容易だと思います。

何よりカッコいいのがいいですよね。

オススメです。



☆同じくエスグラ製2型迷彩カのタクティカルパンツの記事も合わせてどうぞ☆



エスグラ製ではありませんが…



  


2018年05月12日 Posted by ジャージお父さん  at 17:16Comments(0)装備ウェア関連

OAKLEY SI GASCAN

なんか今さら感がありますが、ここ2~3年、自分が気に入っているアイウェア、OAKLEY(オークリー)のSI GASCAN(スタンダードイシュー ガスカン)を紹介します。




まずOAKLEYというメーカーですが、サングラスやゴーグルといったアイウェアを中心に、アパレル全般にブランド展開しているメーカーです。

スポーツブランドとしてはかなり有名ですので、ご存知の方も多いと思います。

またミリタリーシーンでも使用例は多く、メジャーなところでは、ゴーグルのOフレームやシューティンググラスのMフレーム、以前紹介したファクトリーパイロットグローブなど、ミリフォトにも多く露出しています。

その中でSIシリーズとは、軍・法執行機関・政府関連機関向けの特別なシリーズだそうで、あまり流通量は多くはないようです。

その割には日本のエアソフトシーンでもよく見かける気がしますが…

そして今回紹介するSI GASCANですが、そのサンドカラーとサブデュードの星条旗アイコンがSIの証となります。



見た目はスクエアなリム形状とゴツくてストレートなテンプルが目を引きますが、シンプルなライン構成でゴツさとシャープ感とを両立させています。

一般的なシューティンググラスなどと比べてイカツい感じもしますが、そこがオサレポイントじゃないかと思います。



フレーム素材は樹脂製で、表面はツルツル仕上げになっているので、イヤーソックがあるスポーツタイプなどと比べて、キャップやビーニーなどに重ねると滑りやすいとは思います。



↑の写真ではいささか見難くなってしまいましたが、サブデュードな星条旗が描かれたアイコン。

ミリタリーな雰囲気が強調されてイイ感じ。

このアイコンはサンドカラーのみの仕様となっているようです。



角張ったデザインが銃器にもよく似合います。

フレームシェイプは勿論欧米人向け。

ラウンドはキツめで、鼻にかかるブリッジ~ノーズバッドの部分はかなり広くできています。

自分の顔の形状では鼻の高さ(大きさ?)が全然足らず、ズリ落ちてフレームの上から目が覗いてしまいそうな勢いです。

持論ですが、サングラスは眉毛が隠れるようにしてかけるのがいちばんカッコいいと思ってる(我々東洋人だと限界はありますが)ので、GASCANを顔の高い位置でキープするために、こんなものを導入してみました。





これはパッド部にシリコン製の追加パッドを貼り付けて、眼鏡やサングラスをズリ落ちさせないようにするセルフレーム用のアイテムです。

これでこんな風に↓、GASCANを鼻の高い位置にキープできるようになります。





以下、参考写真。





モデルが自分なんで、カッコいい写真とはお世辞にも言えませんが、GASCANをかけた雰囲気は伝わるんじゃないでしょうか。

ちなみに自分の仲間内では、自分を含め3人がこのSI GASCANをかけています。

大人気!

カブりまくってます(笑)

でも3人が集まれば、チーム感が出てイイ感じだと自分は思っています。


このSI GASCANは、色やカタチがアレなんでTPOを選ぶサングラスだとは思いますが、それゆえにこれをかけただけで、なんだかオシャレさんになった気にさせてくれる特殊効果があります(あくまで「気にさせてくれる」だけ。オシャレかどうかはその人次第)。

ただ間違いなく、ミリタリーシーンには合うサングラスです。

OAKLEYのアイウェアの中では比較的手を出しやすい価格帯ですので、皆さんも一本いかがでしょうか?

おススメです。




  


2018年05月07日 Posted by ジャージお父さん  at 08:04Comments(0)装備アイウェア

ALTAFLEX 二―プロテクター50413 導入レビュー

サバイバルゲームに参加するとき、ニーパッドは「する」派ですか?

それとも「しない」派ですか?

自分は断然「する」派です。

近年の陸自普通科隊員がしているから、というのも大きな理由ですが、最大の理由は、自分が「ニーパッドがないと立て膝ができないひと」だからです。

なのでいままでいろいろ試して、これで5つ目。

今までのはどれをとっても善し悪しがあって、なかなか「これだ!」と思えるものがありませんでした。

ですが、ついに見つけてしまいました。

ALTAのニープロテクター。

自分にとっては理想形のニーパッドについに出会うことができました。

今回はその紹介をしていこうと思います。





安価なものだとエルボーパッドとセットで2000円くらいで売っていたりしますが、このALTAニープロテクターはニーパッドのみのセット。

このセットに4~5000円を出せるかどうかは、ニーパッドに対する思い入れ次第というところかも。

米軍やその他の法執行機関、自衛隊などでも使用例も多いので、装備好きには必要な装備かもしれません。



アウターのプレートは、以前紹介したHATCHのセンチュリオン・ニーパッドKP250よりもラウンド形状が強く、そのせいもあってかプレートのサイズ感は若干小さめに見えます。




リベットは6点留め。

突っ張ったりせず、しっかりと膝の動きに追従してくれます。

また裏側のスポンジ部分もHATCH製より気持ち小さく薄めにできているので、膝の形状にしっかりとフィットしてくれます。

自分の膝にも合っているようで、HATCH製の様にガニ股に見えたり(外側にずれたり)はしないようです。






ベルトについては、50410というベルクロで留めるタイプもありますが、こちらの50413はALTAロックという、フックで引っ掛けるタイプ。

HATCH製にも、似た形状のものがついていました。

個人的にはベルクロよりも付け外しがしやすく、ベルトの長さが毎回変わらずに使えるので好きです。

ただ気になるのは、フックを引っ掛けるピンの部分で、どのような構造になっているかは見た目では分からないのですが、特に補強などは見当たりません。

強く力のかかる部分なので、ピンの根元あたりが破けてこないか、少し心配です。



既にゲームで4~5回ほど使っていますが、今のところは全くそんな気配はありません。

杞憂に終われば、それに越したことはありません。

上側のベルトは伸縮性のある素材でできており、下側のベルトはナイロン製の、伸び縮みしないものになっています。

一時期有名になったアークテリクスのニーキャップと同じような構成です。

この構成が功を奏しているのか、自分の膝周りに合っているのか、1日中ゲームをしていてもズリ落ちることがありませんでした。






セット内容はニーパッドのみというのは前述したとおりですが、さらにこのALTAは左右の別がありません。

左右兼用というヤツです。

こういうところはちょっと萎えてしまいますが、しかし右足に着けても左足に着けても特に違和感を感じることはなく、そういうことを考えた構造になっているんだと、ちょっと納得してしまいました。

HATCH製を着けてた時は、確かにクッション性・プロテクション性は申し分なく、安心感は大きかったのですが、いささかToo muchな印象がありました。

今思うと、ニーパッドを着けてるという感触が強く、ゲーム中も少し気になったりする部分がありました。

ですが、ALTAは着けていることを忘れる快適さ、と言えば大袈裟かもしれませんが、プロテクション性や安心感をしっかりと確保しながらも、コンパクトにまとめられ、なおかつ膝周りの動きに対する追従性を失わない、優れたニーパッドだと自分は思います。

軍隊や法執行機関の実力部隊で選ばれる理由が少し分かった気がしました。

自分的にはかなりおススメです。

  


2018年03月22日 Posted by ジャージお父さん  at 17:30Comments(0)装備

装備品の汚し方(ダンプポーチのダメージ加工)

サバゲーの装備品って、新品おろしたてを装備していると、どうしても垢抜けない感じがしませんか?

装備品をちょっと着崩したり、汚したり、傷つけたりして、ベテラン風味を出したくなったりしませんか?

※「サバゲー」のベテランではなく、「ベテラン隊員」的なコスをしたい、という意味です。

さすがに1万円越えするような装備品をダメージ加工するには、自分のような小市民には並大抵ではない勇気がいりますが、今回自分がダメージ加工したのは、ダンプポーチ。



大丈夫、そんなに高くない!(自分に言い聞かせてます)

自分のミリタリー先生であるY氏のダンプポーチがいい具合にヤレていたので、羨ましくなってついやってしまいました。







方法については以下のとおり。

まずは口側のプラスチック?の枠が入っている部分。



枠の角に生地を押し付けて、その角をコンクリの地面にシュッと擦り付けます。



何ヵ所かこれをやると、ダンプポーチの口の辺りにプラスチック枠のスジが付きます。

力の入れ具合によっては、少し破けたりもします。

もちろん、いきなりチカラいっぱいにいってはダメです。

スジの付き具合、破れ具合を見ながら、徐々に自分のイメージ近づけていきましょう。

ホントにボロボロになって使えなくなっても困るので(笑)




これだけで、結構使い込んだ感が出てきたんじゃないでしょうか。

次はダンプポーチを腰に装着したときに、表になる面を傷つけていきます。

固くて角のあるもの(あなたの真ん中の足ではありませんよ…失礼)を、ダンプポーチの中からあてがって、先ほどと同じように、コンクリにシュッとします。



アスファルトなんかだともっといい感じになるかもしれません。

注意点として、ダンプポーチの中に硬いもの(あなたの…ry)を入れているので、あんまり何度も擦りつけたり強い力でシュッといってしまうと、二重になっている中の袋まで穴が開いてしまったり、中に入れた硬いものに傷ができたりするおそれがありますので、気を付けてやってみてください。

この記事を書いていて、今気付きましたが、ダンプポーチの外袋だけつまんで、つまんだ部分で硬いものをくるんで、地面に擦りつけてもいいかもですね。

これを何ヵ所かやれば、擦り傷や小さな破れ目ができて、それなりに使い込んだ感じが出ると思います。





どうでしょうか。

少しはベテラン感が出たんではないでしょうか。

おわり。

  


2017年11月28日 Posted by ジャージお父さん  at 19:30Comments(0)装備アクセサリー類