【89式小銃/ガスブロ】NPASで初速調整【分解/カスタム】

先だって初速不足のマルイ・ガスブロ89式に、人並みの初速を与えるべく、

・ライラクス製のタイトバレル

・ORGA AIRSOFTのハイプレッシャーSPRという、若干強めのバルブスプリング

を組み込むカスタムを施しました。



その甲斐もあって、そこそこいい感じの初速にはなりましたが、真夏の気温の上昇に向けて、調整の幅を持たせるために、今回は、台湾のRA-TECH(ラーテック)と言うメーカーのNPAS(エヌパス)と言うカスタムパーツを入れてみることにしました。

NPASとは、ガスブロライフルのユーザーにはお馴染みのパーツだと思いますが、ざっくり言うと、初速側のガス圧をリコイル側に逃がして、初速を下げる方向に調整できる、カスタム用の可変ピストンバルブという触れ込みのパーツです。



まずは取り付け前の初速測定をします。





室温30℃、マガジン表面温度は約31℃(あれ、マガジンの方が温度が高い?)、ノンホップ、マルイバイオ0.25gで測定。

82m/sec前後。

素敵な数値ですが、今後の気温の上昇(この記事の内容は7月に実施したものです)と適正ホップによる数値の伸び代を考えると、もう少し低くてもいいかもですね。


ちなみにいきなりピストンの状態まで写真が跳んでいますが、ここまでの分解については、

【89式小銃/ガスブロ】 タイトバレルで初速アップ?【分解/カスタム】

【89式小銃/ガスブロ】 ORGA ハイプレッシャーSPRで初速アップ【分解/カスタム】

を参照願います。



まずはNPASの紹介。


純正のピストンバルブを、NPASに交換します。


RA-TECHのパッケージ。

「Marui M4 GBB」と記載され、MWS用みたいに書かれていますが、型番「Marui-060」は89式にも適合しています。



グレーが純正、黒がNPASになります。

組み込み手順は純正のピストンバルブと入れ替えるだけ。



NPAS内部のスクリューの調整は、前側から付属の専用レンチを突っ込んで回していきます。


時計回り(右回り)に回すと、バルブのお尻側にネジの頭がはみ出していき、ガスを初速側からリコイル側に振ってくれます。

つまり、初速を落としてくれます。


逆に反時計回り(左回り)に回すと、ネジの頭が引っ込んで、ガスをリコイル側から初速側へ振ってくれます。

つまり、減速した初速が上がり(もとに戻り)ます。

ちなみに、NPAS単体でスクリューを回すときはNPAS自体を手で持って、レンチを回すと調整できますが、ピストンに組んでしまったあとは、レンチをローディングノズルから差し込んで回します。

ただその状態では、NPAS自体が共回りしてしまい調整できません。


そこでガスルートからNPASの開口部に、極細の棒状のものを突っ込んで、NPAS本体の回転を止めたうえでレンチを回してやると、調整できるようになります(↑の写真のドライバーでは太すぎます、参考まで)。



ではNPASを組み込み後の効果チェックをしていきます。

まず、いちばん締め込んだ状態、つまり通常のピストンバルブと同じ形状にして組み込んでいます。

そして計測。

あれ?

なんで?


ちょっとお見せできない高めの数値が出てしまいました。

何発か計測してみても同じような数値。

ひょっとして、NPASの組込み自体で、初速が上がってしまってませんか?

しかもそこそこの振り幅で。

とりあえずNPASのスクリューを減速方向に回して、可能な限りMAXでリコイル側に圧を逃してみて、計測。

…ダメです。

下がるには下がりますが、下がり幅が全然足りません。

これは根本的に、通常の設定初速をそこそこ下げないとあかんっぽいです。

ということで、先日せっかく交換したハイプレッシャースプリング(長)+上げ底リングを、純正スプリング+上げ底リングに戻して、再計測。


何とかNPASへの換装前よりちょっと低めの数値に戻りました。

でもこの状態から適正ホップにして、さらに気温が30℃台後半くらいになってしまったら、またお見せできない数値に跳ね上がってしまうおそれもあります。

とりあえず翌日のゲームはこれで行くとして、真夏の気温になれば、上げ底リングも取っ払ってしまわないといけない状況になりかねませんね。

NPASのみでこれだけ初速が上がってしまうとは思っても見ませんでした。


考えてみれば、バルブの開口部自体がこれだけの大きさの差があるのですから、素人目に見てもガスの流量は増えるような気がします。

※純正バルブは上記の開口部が必ずふたつガスルートに向くような形状になっていますが、NPASはひとつの開口部自体が大きくバルブ内径も圧倒的に広い反面、内部にスクリューが通っているなど、単純にひとつの開口部の大きさ比較だけではガスの流量差は判断できません、あくまで自分の主観ですのであしからず。



ORGAさんのブログなどでもあるように、NPASは初速を下げるアイテムだと言われています。

ですが組み込むにあたって、バルブとしての性能は(少なくとも自分のマルイ89式に関しては)初速が上がるものと言えそうです(外気温にもよるのかもですが…)。

そこに、微調整程度に初速を下げる機能が付加されているもの、と自分は認識しました。

上げて落とす(笑)

結論を言えば、NPASの組み込みをお考えの方は、バルブ周りはノーマルに戻してから、NPAS単体での組み込みを試してみることをお勧めします。

恐らくは組み込み自体による初速アップ幅が、NPASの持つ初速の減速幅を大きく上回るので、夏場は特に余計な調整をする手間が省けます。

今後ひと夏、NPASを運用してみて、また数値的なことを含め、具体的なことが分かれば報告します。



  


2019年08月10日 Posted by ジャージお父さん  at 21:02Comments(1)89式小銃(ガスブロ)

【89式小銃/ガスブロ】 ORGA ハイプレッシャーSPRで初速アップ【分解/カスタム】

前回、タイトバレルで初速アップを図ったガスブロ89式ですが、それでも0.25gで70m/sec台前半止まり。


(写真はイメージです(笑))

タイトバレルに変えたのが6月くらいだったので、真夏に向けて気温の上昇とともに初速も上がってはいくのでしょうが、もう少し欲しいところ。

ライラクスの.03タイトバレルが400mm弱くらいの長さがあれば果たして…とも思いますが、ラインナップにないものを欲しがっても仕方ありません。

ということで、初速を上げるアイテムが何かないかな~と物色していると、あるじゃないですか!

ORGA AIRSOFTさんが出している

ハイプレッシャーSPR(スプリング)

というブツ。

皆様ご存知のとおり、ガスブロのエアガンはマガジンから放出された気化ガスの圧力を、BB弾の発射とブローバックの両方に使っています。

仕組みを大雑把に言えば、放出ガスを発射のために銃口方向に流した後に、内部弁(ピストンバルブ)で流れる方向を切り替えて、ブローバックのために後ろ方向に流します。

その内部弁に常時、先に銃口方向に流せるようにテンションをかけているスプリングをバルブスプリングと言います。

今回はこのバルブスプリングを交換します。

マルイ製で言えば、常に「銃口側への流路を開けておく」方向にテンションをかけているスプリングなのですが、このスプリングのテンションをちょっと強めのものに変えてしまいます。

そうすることで内部弁の切り替わり抵抗が増し、銃口方向への開弁(ガスが流れる)時間が瞬間的ですが長くなります。

これにより、より多くのガス圧を弾の発射につかえるようになる結果、初速が上がるという仕組みです。



では早速組み込みです。

ちなみにボルトを取り出すところまでは、前回の記事を参考にしていただければいいかと思います。



さて、取り出したボルトです。

この飛び出した銀色の棒の部分、ボルトシャフトを外します。


ORGAさんのブログでは、ボルトをヒートガンで温め、ネジロック剤を緩めてからボルトシャフトを回すようにと書いてありましたが、めんどくさいので、いきなり回してみます。

ボルトシャフトの先端が10mmのスパナをかけられるようになっています。


結論を言うと、めっちゃ固かった…。

先達の言うことを聞いて、ボルトにヒートガンかドライヤーなどを当てて、ネジロック剤を柔らかくしてからやった方がいいと思います。

あ、でもその際は、ボルトシャフト根元の樹脂製パーツを溶かしたりしないように、気を付けてくださいまし。


自分は結局、チカラ技でバキッという音とともに、ようやく取り外せました。


シャフトを外した後のねじ切り部分。

ロック剤のカスがついています。


ボルト側にもカスがついています。

これらをパーツクリーナーで綺麗にふき取り、作業を継続します。


ボルトシャフトがついていた方とは逆のお尻の部分に、チョボが出ていますが、これの根元に樹脂製のCリングがついていますので、これを外します。

そんなにテンションは強くありませんので、簡単に外せます。


するとボルトの中から、ピストンが姿を現します。


ピストンの背中にネジがひとつありますので、これを外します。


上記のネジを外すとピストンの中から、ピストンインナーと…


ピストンバルブ&ピストンバルブスプリングが出てきます。

このスプリングを交換します。


ORGA ハイプレッシャーSPRのパッケージ。

いったいどこに商品が入っているのかいないのか分からない、存在感のないアイテムです。

実売2000円前後。


内容物はステンレススプリング×2(長・短)、カサ上げ用のアルミリングの3点。


どのスプリングが強いのか弱いのか分からなかった(感覚的には短い方がテンションは強そうです)ので、とりあえず自分はスプリング(長)+リングを取り付けてみます。

等ピッチですので、スプリングの向きはなさそうです。

リングは段差がある方がスプリング側に来ます。

順番は写真のとおり。

どなたかのブログでは「スプリングとリングを瞬着で接着したらいいよ」的なことが書かれていましたが、それでは後で組み合わせを変える時に難儀するので、グリスかオイルなどをちょこっとつけると外れにくくなるかと思います。


そのままピストンに放り込みます。

後は外したパーツを逆順で取り付けていきます。

そして初速測定。


室温は28℃くらい。


マガジン温度も27.1℃とタイトバレルの時と大きくは変わりません。


マルイバイオ0.25g、サンダーシュートHFC134a満タン、ノンホップ。

結果は79.3m/secとか、それ前後。

適正ホップならもうちょっと上がりそうです。

約9m/sec、13%の初速向上となりました。

イイ感じ!

凄いじゃないですか!

インナーバレル交換なんて比べ物にならないくらい、費用対効果に優れたパーツですね。

真夏の、初速の上がりすぎが怖いくらいの数値です。

これで2000円とは、お値打ちのアイテムです。

ガスブロ89式小銃の分解ができる方なら、ぜひおすすめなカスタムパーツです。



  


2019年08月04日 Posted by ジャージお父さん  at 23:00Comments(0)89式小銃(ガスブロ)

【89式小銃/ガスブロ】 タイトバレルで初速アップ?【分解/カスタム】

発売から約1年経って、ようやく当分隊にも納入されたガスブロ89式。

そのレビュー的な記事を先日アップロードしました。

【89式小銃/ガスブロ】固定銃床式、ついに納入!【レビューとか】

今回は比較的低めなガスブロ89式の初速をアップさせるカスタム第1弾をお送りします。



ガス圧によって弾を撃ち出すガスブロ機は気温によって初速が変わるとは言え、89式のちょっと控えめな初速は、ゲームシーンにおいてはちょっと心許ないですよね。

ということで、初速を上げるべくちょいとカスタムしてみたいと思います。


今回のネタは、ライラクス のタイトバレル。

モノはMWSと共通仕様です。

内径は6.03㎜(純正は6.08㎜)、長さは純正と同じ250㎜です。

どうせならもうちょっと長いものにしたかったのですが、ラインナップがないんですよね、残念ながら…。


まず純正バレルでの初速測定。

どノーマル状態での測定です。

マガジンの表面温度は約26℃、


気温もだいたい26℃。


マルイバイオの0.25g、サンダーシュート134a満タン、適正HOPでの計測値は66.59m/sec。

0.2g仕様のハンドガンより気持ち速いくらいの初速です。

それでは組み込み開始。



まずは二脚を外します。

脚を起こしてロックを解除。

洗濯バサミの要領でアウターバレルから外します。

写真を撮り忘れましたが、ハンドガードも外してします。


テイクダウンラッチを前方に押し込んで…


アッパーレシーバーをテイクダウン。


ヒンジ部のピンを左側から押し込みます。


ピンは抜け落ちないような構造になっているようです。

これでレシーバーがアッパーとロアに分離できます。


アッパーレシーバーの裏側後端にあるチョボ(テイクダウンストッパー)を押し込むと


リコイルガイドがバネの力で飛び出てきますので、抜き出します。


コッキングレバーをいちばん後ろまで引き下げると


レバー自体を引き抜くことができます。


コッキングレバーを取り外すと、アッパーレシーバー後方からボルト一式を抜き出せます。


次に、アウターバレル基部のネジを外していきます(写真はロアレシーバーがついたままですが、気にしないw)。


反対側も(写真はロアレシーバーがついたままですが、気にしないw)。


他の人の分解記事などを見てると、このネジはヘックス(六角)だった気がするんですが、自分のはトルクス(星形)になっていました。


これで、アウターバレル&ガスチューブ(ガスシリンダー)とアッパーレシーバーが分離できます。


分離したアウターバレルの中に、インナーバレル&チャンバーユニットが入っていますので、引き抜きます。



追記~

以下のホップ調整ネジの取り外しは、チャンバーを分解するにあたって不要な気がしてきました。

めんどくさいので未確認ですが、もし不要であれば参考まで、ということで…。




チャンバーユニットにあるホップ調整のギアのネジを外します。

それぞれギアの形状が違いますので、どのギアがどの位置に来るのかをちゃんとわかるように保管してください。

ギア同士のかみ合わせ位置については、ギアに切り欠きが入っているので、確認しておいてください。


ギア面の裏側のネジをふたつ外します。

精密ドライバーが必要です。


チャンバーがふたつに割れると、インナーバレルの後端についた黒いホップラバー(G26チャンバー)が出てきます。

チャンバーを割った際、金属製のホップアーム(HOPレバー)がポロリすることがありますので、注意してください。


ホップラバーを純正インナーバレルから外します。


さてここで、ライラクス製の内径6.03mmのタイトバレルの登場です。

元々マルイのガスブロ、M4 MWS用のものですが、89式にも適合するということで試してみることにします。


念のため、切削カスやら汚れがあると嫌なのでバレル内をパーツクリーナーで清掃。

綺麗なもんです。


先ほど外したホップラバーをタイトバレルに取り付けます。

ラバー内側の突起と、バレルに彫られた切り欠きを合わせます。


純正バレルの先端についているOリングも取り外して移植します。


チャンバーのガワのスリットにホップラバーの外側の突起を合わせて取り付けていきます。


チャンバーのガワが組みあがれば、今度はギア類を取り付けますが、それぞれのギアの位置と向きに注意してください。

チャンバー側の突起と、ギア側の溝を合わせる感じです。


最終的にはギア表面の切り欠きを合わせます。

後は組み上げは逆手順でできますので、省略します。



さて最後に効果のほどを。


マガジンの表面温度はあまり変わらず、26.7℃。


気温(室温)は2度ほど上がって、28℃。

室温なので、そんなに結果に影響はないと思われます。

マルイバイオ0.25g、サンダーシュートHFC134a満タンは同条件。

唯一、適正ホップにし忘れたのが痛い。


結果、70.89m/sec。

おお、4m/secほど上がっている!

何回か試射

これでノンホップなんで、適正ホップだともう2~3m/secほどは上がりそうです。



  


2019年08月02日 Posted by ジャージお父さん  at 07:14Comments(0)89式小銃(ガスブロ)

【89式小銃/ガスブロ】固定銃床式、ついに納入!【レビューとか】

思えば3年前の4月、周りの古強者たちに影響されて「電動89式」を購入してからというもの、約3年間、長物は「電動89式」ほぼ一筋(時々ガスブロ416に浮気)だったのですが、この度、新規で長物を調達することになりました(とか言いながら、実は4月ごろの話なのはヒミツ)。

その名も89式小銃!← 一緒やないかい!



いやいや、ガスブローバックの方ですよ!

電動の方が、モーターの劣化かスプリングのヘタリか、どうも動きがもっさりとしてきて、そろそろ分解手入れが必要かな~って感じだったんで、いい時期にnewガンを導入することができました。

とは言えnew89式はガスガンですから、寒い時期用として、まだまだ電動の方にも頑張ってもらわないとですので、もちろん電動の方の手入れもしていきますよ。

さて、今回手に入れたガスブロ89式ですが、もはや色んな高名な方々がレビュってくれてますので、今更自分なんかが何も言うことは無いんですが、やっぱり何か言いたいんです。

この喜びを誰かに伝えたいのです。



ということで今回は、もやは出つくした感もありますがガスブロ89式のジャージお父さん的ファーストインプレッションと、電動との違いなどを書いていこうかと思います。


【外観】

もうすでに、外装には飾り程度に手を入れてしまっていますが…。

黒くカタマリ感のある見た目や切り立ったパーツ端など、工業製品的な機械感のある外観です。

グレー感が強い電動89式のカラーリングと比べて、ガスブロは全体的に黒い感じで、思わず磨いてツートンカラーにしたくなっちゃいます。


フロント周り。

既に一度ゲームに使用しています。

屋外の森フィールドだったのですが、それでもすでにハイダーの塗装がはがれてきています。


タクティカルライトと二脚を取り付けています。

ライトを取り付けるだけで、アナログ感の強い89式がなんだかタクティコーに見えますよね。

取り付けの詳細は別記事で予定していますので、よければそちらもよろしくです。


狭いマグウェル部です。

AR系に比べるとどうしても、しっかりと確認しながらマグチェンジする必要があります(だかそれがイイ!)

電動89式ではフリーダムアートのマグウェル&アンダーレールを付けていましたが、アレを付けると、せっかくのテイクダウンアクションが出来なくなるんで、ガスブロ機には付けていません。

アンダーレールを付けないということは、フォアグリップも付けれないので、銃の構え方としては(あんまり好きではないですが)コスタ撃ちか、往年のマグウェル前部を持つか。

これから研究が必要ですね。


ボルト付近。

銃の右側につくチャージングレバー(槓桿-こうかん-と言うそうです)。

電動89式ではホップを調整するときにしか使いませんでした。

可動範囲も狭いものでした。

スタンダード電動ですので、それ以外の可動はありません。


ガスブロ89式ではもちろんフルストローク動きます。

初弾装填時には手動で引くうえに、射撃時には激しく前後して次弾装填、マガジンが空になれば後退位置で止まります。


その後ろのダストカバーも、電動では固定でしたが、ガスブロではフルストローク動きます。

その下のセレクターについては、89式としてはデフォルトの右側は、電動・ガスブロ共にあまり違いはないように思いますが…


電動では別売りオプションであった左側は、今回はイラクセレクターが最初からついています。

既に留めピン脱落防止のための緑の器具を取り付けてしまっていますが、これについても別記事にて書く予定です。

けど、あまりカッコいいカスタムではありませんね。


アッパーレシーバー上部には、マルイ純正のガスブロ用マウントベースを付け、その上にノーベルアームズのコンバットプロを載せています。

マウントリングはコンバットプロ付属のものをなくしてしまったので、同じノーベルの別売り6点留めを付けていますが、やたらとゴツい感じになっています。


アッパーフレームには「89R」と陸自武器マーク、シリアルが刻印されています。


樹脂製のグリップ。

電動より幅が細く、前後に長くなっているそうです。

握っているとそんなに違いは感じなかったんですが、分かる人には分かるようです。


樹脂製ストック。

気持ち短い感じがしますが、薄くて構えやすいと思います。

実銃と同様、左右非対称形状ではありますが、左で構えても特段構えにくいことはありません。

シングルスリング用にカラビナをナイロンベルトで取り付けてはいますが、自衛隊らしく3点スリングにしようか目下、悩み中。


89式用マガジン。

表面はツルツル、テカテカしています。

そこそこ重い重量と相まって、不用意に持つと滑って地面に落してしまいそうです。


電動89式と違い、マガジンに開いた穴はモールドになっています。

ぬ、塗り分けたい…。


ハンドガード(被筒-ひとう-と言うそうです)を外すとアウターバレル基部左側にホップの調整用ギアがあります。

回すのにそこそこ硬く、勝手に狂ってしまうことはなさそうな感じです。



こんなかんじですかね~。

自衛隊のライフルと言えば64式もそうですが、ブラックテープによる脱落防止措置がメジャーではありますよね。

自分もやりたい気はあるんですが、やってしまうとガスブロではテイクダウンやHOP調整、電動ではバッテリー脱着(電動)などができなくなる(その都度剥がさないといけなくなる)ので、どうしても二の足を踏んでしまっています。


【射撃感】

やっぱり次世代などの電動とは比べものにならないほどに、リコイルは強いです。

1発1発撃った感があり、そこそこ連射しても、カコッとボルトストップがかかります。

リアカン派としては35発マガジンが残念なところではありますが、今後ガチ棒などのカスタムも視野に入れていきたいところです。

あと、自分的にはそこそこ重要な、電動89式との違いがあります。


①ゲームスタート前にマガジンを挿入しますが、その時、チャージングレバーを引く必要があること。(装弾&ハンマー起こし)


②ゲーム中、弾切れでボルトストップがかかりマガジン交換をした後、ボルトキャッチボタンを押し下げる必要があること。(装弾)

ガスブロライフルでは当たり前のことですが、スタンダード電動に慣れていると、ついつい忘れがちになります。

このことを忘れてしまうと、いざ撃たなきゃって時に作動すらしなくてワチャワチャなってしまいます。

このプロセスが踏みたくて、わざわざガスブロを買っているのに、それを忘れてしまうという…。

ダメゲーマーな自分です。



最後に初速の関係を。




室温26℃でマルイベアリングバイオ0.25、サンダーシュートHFC134a。

この条件で66m/sec台半ば。

やっぱりちょっと低いです。

まあ、気温の上昇とともに初速も上がってはいくんでしょうが、それでもこれは撃ち負けてしまいそうです。





  


2019年08月01日 Posted by ジャージお父さん  at 02:17Comments(0)89式小銃(ガスブロ)