スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

 Posted by ミリタリーブログ  at 

【カスタム】M&P9 マガジン動作安定化

※H29.10.11 12:32

写真が一部上下逆さまになっていた不具合を修正しました。

お見苦しい点がありましたこと、お詫び申し上げます。



最近なぜかP90が気になって仕方ありません。

陸自装備には全く絡めない銃なので持っていても仕方がないのですが、でもなぜか気になります。

ヤフオクでウォッチリストに入れては入札せずに流してしまう、みたいなことを繰り返しています。

どうでもいいことですが。




さてこれからの季節、外気温は下がっていく一方ということで、今回はM&Pの安定動作を図る方向のカスタムを施します。

XABIER(ザビエル)というメーカーのKEMUSHIというカスタムパーツがあるのですが、これをDIYでやってしまおうというチャレンジです。

このカスタムはすでにいろんな方々が試されて、割と効果もあるようですので、楽しみです。

ちなみにどのような効果があるのかというと、

・低温に強くなる
・初速の上昇
・連続射撃時において初速の減衰率が低くなる(初速が落ちにくくなる)

先達方やメーカーサイトを見ると、だいたいこんな感じの効果があるようです。

体感できるほどかどうかは、実際のところやってみないと分かりませんが、公開されているデータ上ではそうなっています。

細かいデータ収集は得意ではないので、ざっくりとできる範囲でやっていこうと思っています。

では。


今回のカスタムはマガジンを分解します。

まず最初に、必ずガスがすべて抜けていることを確認してから、作業に入りましょう。







ではまずマガジン下部の分解から。

マガジンバンパーすぐ上のマガジンボトムピン2本を抜きます。

※デフォルトではピンのローレット(ギザギザ部分)がマガジン後方から見て右側に来ています。

抜くときはマガジンの左側からピンポンチ等で打ち抜き、挿しこむ際は右側から挿します。





これだけのパーツが出てきます。

バンパーはプラスチックのパーツで注入バルブ基部(マガジンボトム)に固定されています。



マガジンボトムピンを抜く前に、先にバンパーだけを外すことも可能ですが、外すには多少コツが必要です。



組み立て時のマガジンボトムピンを挿入する際に、バンパーがあるとマガジンボトムの底部を押し込みにくいので、今回は外してみました。






ここで近所のダイソーで買ったスポンジ君の登場です。

ちなみにお風呂コーナーにありました。

これをはさみでだいたいの大きさに切り出します。




スポンジの大きさですが、注入バルブが入っている部分の筒状のところにかぶせたときにマガジンボトムのパッキンからはみ出ないくらいにしてみました。

組み付けるときにマガジンケースとマガジンボトムのパッキンに挟んでしまうと、動作安定化どころかガス漏れの原因になりますし、パッキンも痛めそうです。

あと注入口に被らないように高さにも気を付けてみました。

ケムシの形状と比べるとだいぶ太い感じがします。

ひょっとするともうちょっと細い方がいいのかもしれません。

ですが、とりあえず今回はこれで行ってみようと思います。



太めのキリ的な工具で中央部を貫通させてから



マガジンボトムの注入バルブが入る筒の部分にかぶせます。

筒の直径が太いので、半ば無理やりに通してしまいました。






組付けです。



パッキンに噛みそうな部分をはさみでチョッキンしてから、パッキンにシリコングリスを塗って組み立てていきます。

分解ついでにマガジンフォロアーに前・後面を細かい目のやすりで少し研磨(というほどではありませんが)してやりました。



これで動きが多少マシになってくれるかも。

いや、本体側をやすった方がよかったかな?


それでは測定結果。

まず室温。



26℃。

次に未加工のマガジンの表面温度。



27.3℃。

使用ガスはサンダーシュートHFC134a。

BB弾はマルイのベアリングバイオ0.2g。

だいたい2~3秒間隔で10発撃ちました。

初速の最高値と最低値を貼り付けます。










10発の平均値は66.54m/sec。


次に加工済みのマガジンの表面温度。




未加工よりやや低めの27.1℃。

室温と使用ガス、BB弾は同条件。

同じく最高値と最低値。









10発の平均値は67.45m/sec。



結果的には平均値比較で0.91m/secの初速上昇、および初速の減衰が未加工マガジンの2.08m/sec→加工済みマガジンの1.36m/secへと0.72m/sec分軽減。

確かに数値的には、初速の向上、初速減衰率の低減は達成しています。

コストパフォーマンスも、インナーバレルを交換することに比べれば、かなりいい感じです。

ですが、こちらも期待していたほどの数値の変動ではありませんでした。

なんだか(´・ω・`)ショボーンですよね。

原因としては、室温(マガジン温度)が低いのか、スポンジ君の形状が悪いのか分かりませんが、後日スポンジの形状やスポンジ自体の素材を変更してまた試してみたいと思います。

今回はこの辺で…。


M&P9関連記事

M&P9キタ━(゚∀゚)━! 中古品ファーストインプレッション

M&P9用 サファリランド6378ALSホルスター導入 シュアファイアX300対応モデル

【レビュー】M&P9 サバイバルゲームでの使用感を今更レビュー

【カスタム】M&P9 サムセーフティのオミット(取り外し)

【カスタム】M&P9 サムセーフティカバー取り付け

【カスタム】M&P9 インナーバレル交換(ナインボール ハンドガンバレル)



  


2017年10月11日 Posted by ジャージお父さん  at 10:36Comments(0)M&P

【カスタム】M&P9 インナーバレル交換(ナインボール ハンドガンバレル)

ちょっと前のことになりますが「ようこそ実力至上主義の教室へ」も終わってしまいました。

ZAQさんのOPも良かった(*´ω`*)

ナイツマ共々残念です。




さて本題。

ちょっとばかし初速を上げたところで、ハンドガンの有効射程はたかが知れてるような気がします。

だけど、お気に入りの銃は少しでも能力値を上げたくなるのが世の常というわけで…。

という取って付けたような言い訳を自分自身にしながら、M&Pのインナーバレルを交換してみました。

実はハンドガンのインナーバレル交換って初めてです。





さて、今回交換するのはナインボール・ハンドガンバレル90mmのM&P用、内径は6.03mmのものになります。

同じナインボールブランドで「パワーバレル」という、内径が6.00mmの超タイトバレルをネットなどでよく見ますが、00バレルはタイトすぎる感じがしたので03バレルにしました。

個人的な印象ですが、00バレルはバレル内がちょっとでも汚れたら、弾づまりとかで性能を発揮できなくなりそうで。

PDIの01バレルとかも使っている人は多そうです。

ちなみに純正インナーバレルは内径が6.08mm、マルイのBB弾は公称5.95mm(±0.01mm)になります。



まず純正バレルでの初速測定。



室温は24℃。



マガジンの表面温度は24.2℃。

ガスガンって電動ガンに比べて気温やマガジン自体の温度によって初速が大きく左右されるので、このあたりのデータは入れておくべきなのかなってことで計測してみました。



初速は62.14m/sec、数発撃ってもだいたい±0.5前後くらいとなりました。

気温がやや低いせいか、マガジンにガスを入れてからそんなに時間がたっていないせいか、結構低い数値が出ました。

ガスは満タン入れてます。



では早速換装作業に入ります。



前回まではフレーム側のカスタムでしたが、今回はスライド側です。



内部のスプリングやバレルを外していきます。



まずはリコイルスプリング&ガイドを取り外します。

この二つは合体していますので、一緒に取り外すことができます。

①ガイドを銃口側に押し込みます。

②そのままチャンバー側を軽く持ち上げ後方に引き抜きます。

このリコイルSP&ガイド動きがなんだか渋いですか?

ピカピカに磨いてやりたくなりますね。




次はアウター&インナーバレル&チャンバーの取り外し。

こちらも合体しています。

①アウターバレルを銃口側に軽く移動させます。

②チャンバー部分を持ち上げ後方に引きながら取り外します。




次はアウターバレルからインナーバレル&チャンバーを取り外します。



ちなみにこのまま素直にインナーバレル&チャンバーを引き抜こうとしても、↑の写真の赤く塗った部分が引っかかり外れません。



インナーバレル&チャンバーとアウターバレルをそれぞれ軽くひねりながら引き抜くと、外れます。

アウターバレル側を軽くゆがめて取り外す、そんな感じです。



ダミーカート(金色の輪っか)を取り外します。

端を細いマイナスドライバーなどで力を入れずにこじると浮いてきますので、そっと取り外します。



このダミーカートは前後があります。

気持ち分厚くなっている方が銃口側です。

ちょっとでも力を入れてしまうと折れてしまいそうで怖いです。



チャンバーの分解です。

まずホップの銃口側のギアのへこみの位置を、下向きに持ってきます。



するとネジの頭が見えますので、このネジとその左側のネジを外すと…



チャンバーがモナカ状に割れ、インナーバレル&ホップパッキンが現れます。



今回のニューアイテム、ライラのハンドガンバレル。



ステンレス製の銀色バレルは自分的にはとても新鮮です。



ホップチャンバー部比較。

カスタムバレルは切削痕も見えず、バリも見当たりません。



念のため、内部清掃。

切削カスとかオイル汚れなどがあるかもと思いやってみましたが…



綺麗なもんです。



ホップパッキンを純正バレルから組み替えて、



チャンバー部を元どおりに組み立て、その後も今までと逆の手順でアウターバレル、リコイルスプリングなどを組み上げて、動作確認と初速測定です。

室温は換装前と同じ24℃。



マガジンの表面温度は現在23.9℃。

再度ガスを満タンまで入れて、表面温度が同じくらいになるように少し放置時間をとってみました。



測定結果は63.41m/sec、数発撃ってだいたい±0.5前後くらい。

平均約1.5m/secの向上。

なんか思っていたよりも数値が伸びませんでした。

イメージとしては4~5m/secくらいは数値の上昇があると思っていた(根拠はありません、あくまでイメージです)ので、ちょっと残念。

コストパフォーマンスは決していいとは言えませんね。

後はタイトバレルって遠距離で弾が散るとか聞いたことがあるので、レンジで30mくらいのロングシュートを試してみたいところではありますが、近場にそんなことが気軽にできる場所もなく、次回のゲーム日まで持ち越しということで。






全くの余談ですが、チャンバーネジを取り外してパーツ近くにポンッと置いたところ、↑の写真のような奇跡が!

立った!

ネジが立った!

…と、クララが立ったみたいにひとり感動しながら、作業を進めましたとさ。

M&P9関連記事

M&P9キタ━(゚∀゚)━! 中古品ファーストインプレッション

M&P9用 サファリランド6378ALSホルスター導入 シュアファイアX300対応モデル

【レビュー】M&P9 サバイバルゲームでの使用感を今更レビュー

【カスタム】M&P9 サムセーフティのオミット(取り外し)

【カスタム】M&P9 サムセーフティカバー取り付け

【カスタム】M&P9 マガジン動作安定化





  


2017年10月09日 Posted by ジャージお父さん  at 23:09Comments(0)M&P

【カスタム】M&P9 サムセーフティカバー取り付け

ナイツ&マジック、終わってしまいました。

今季のかなりのお気に入りだったので、テンションだだ下がりです。

2クールスパンでやってくれても…と思う今日この頃。



さて前回は自分のお気に入りハンドガン、マルイのガスブロM&P9のサムセーフティを取り外しました。

取り外した後の印象ですが、どうも寂しいというか。

フレームにサムセーフティが取り付けてあった穴が開いたままになっているのが、何か足りない感を禁じ得ませんでした。





そこで定番アイテムをまたまた購入。

それがコチラ。





空いたままのフレームの穴を埋めてしまう、専用パーツです。

DCI Gunsというメーカーの商品で、こんな存在感のない商品のわりに990円もします。





では早速取り付けです。

まずはスライドを外すところから。



スライドを後退させて、スライドストップをかけます。



テイクダウンレバーを90度下側に回し、スライドストップを外してスライドを前に進めて外します。



フレーム側のこの穴を埋めていきます。




こんなちっこいパーツですが、一応前後の別があります。

平行四辺形部分の上側が鋭角の方が後ろです。



左側を押し込んでみました。

そこそこ力が要りましたが、何とか入りました。

ハンマーユニットをはずしてから、はめ込んだ方がやりやすいかもしれません。



いろんな角度から撮影してみました。



意外とフレームの穴からはみ出している部分はありません。

どちらかというと、気持ちへこんでいるくらいです。



反対側の右側面にも取り付け。

こちらも力技で押し込みます。



いろんな角度から。



はみ出している部分はなさそうです。



スライドをつけて見てみます。



フレームとは材質と表面仕上げが異なるので、色合いの違いが目立ちます。



スライドとフレームの境目、フレームとサムセーフティカバーの角のRが異なるために、近くでじっくり見ると違和感はあります。



ですが、ここに穴が開いているか開いていないかで、製品としての完成度というか完全度が全然違います。

サムセーフティを外したままの時にあった、何か足りない感が嘘のようになくなりました。

このパーツ、990円の値打ちは十分に満たしていると思います。

痒いところに手がとどく、というか。

侮っていましたが、すごいパーツでした。

マルイ製M&Pのサムセーフティを取り外した方、これから取り外す方には絶対おすすめです。


おわり。

M&P9関連記事

M&P9キタ━(゚∀゚)━! 中古品ファーストインプレッション

M&P9用 サファリランド6378ALSホルスター導入 シュアファイアX300対応モデル

【レビュー】M&P9 サバイバルゲームでの使用感を今更レビュー

【カスタム】M&P9 サムセーフティのオミット(取り外し)

【カスタム】M&P9 インナーバレル交換(ナインボール ハンドガンバレル)

【カスタム】M&P9 マガジン動作安定化



  


2017年09月29日 Posted by ジャージお父さん  at 04:10Comments(0)M&P

【カスタム】M&P9 サムセーフティの オミット(取り外し)

立て続けに投稿しておりますが…。

気付けば、30万アクセスを超えているじゃないですか。

皆様、このような拙いブログにお越しいただきホントにありがとうございます。

ほとんどが日記のような、人様にお見せするような内容ではない駄文ばかりですが、今後もご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。



さて、先日のマルイM&P9の使用感の記事「M&P9 サバイバルゲームでの使用感を今更レビュー」の中で、サムセーフティの項目があったのですが、気になりだすと止まりません。

ということで、先人様のブログなどを参考にして、自分も取り外すことにしました。

手順については他ブロガー様の記事を参照してください、ということで割愛しようと思いましたが、自分の備忘録代わりですので、載せておくことにしました。


まずスライドを外します。



グリップエンドのフレームパーツなる部品を回転させて引き抜き、パームスウェルを取り外します。





パームスウェルを外したところにあるネジを外し、



フレーム後部、ビーバーテイルにあるピンをピンポンチなどで押し抜きます。



するとハンマーユニットがごそっと抜き出せるようになります。



銃口を左に向けた状態でハンマーユニットを抜き出した時、手前になる面にノッカーロックを押し上げるノッカーロックスプリング(↑)が現れますので、これを飛ばさないようにしながらユニットからレバーを引き抜きます。

力はいりません。



レバーを抜くときにセーフティクリックピンとスプリングを飛ばさないように気を付けてください(自分の中古M&Pは取説と逆の方向に入っていました)。



後は逆の手順で元通りに戻して完了です。

サムセーフティを外した後のM&P。

左側。





右側





……サムセーフティがなくなって、なんだかちょっと寂しい気がしますね(どっちやねん!)

とりあえず、しばらくこれでやってみようと思います。



おまけ。

サムセーフティを取り外す工程でスライドを外した時、ロッキングブロックとハンマーブロックの、スライドのガイドレール?(スライドとの噛みあう部分)の角がとても凸凹で気になりました。



ので、目の細かい棒やすりで縦横に撫でてやりました。

指でなぞっても凸凹がなくなって気持ちいい( *´艸`)。

スライドスピードの向上やノイズの軽減、プラ製スライドの消耗抑制とかの効果が…あればいいな(笑)

いずれにせよ体感できるほどのものではないでしょうが、自分的にとって、簡単ですがとてもやった感が大きい加工でした。

以上、プラシーボ効果満載の自己満足カスタムでした。


M&P9関連記事

M&P9キタ━(゚∀゚)━! 中古品ファーストインプレッション

M&P9用 サファリランド6378ALSホルスター導入 シュアファイアX300対応モデル

【レビュー】M&P9 サバイバルゲームでの使用感を今更レビュー

【カスタム】M&P9 サムセーフティカバー取り付け

【カスタム】M&P9 インナーバレル交換(ナインボール ハンドガンバレル)

【カスタム】M&P9 マガジン動作安定化



  


2017年09月26日 Posted by ジャージお父さん  at 15:10Comments(0)M&P

【レビュー】M&P9 サバイバルゲームでの使用感を今更レビュー

先日手に入れた、マルイ製M&Pですが、本日はその使用感などを今更ながらレビューしてみようと思います。

偉大な先達方が散々書かれてきた内容だけに、特に目新しい内容ではないと思いますが、自分の備忘録代わりに書いていこうと思います。



早速インドア戦で使用してみました。


まず思ったのが、マガジンフォロアーの動きが渋い。



撃つ前の弾込めの段階から、ちょっとつまずきました。

フォロアーとマガジン本体との接触面の抵抗が大きくてフォロアーが押し下げにくい。

というかなんか気持ち悪い。

自分は弾込めの時、リップ側からではなく、フォロアーを指で押し下げて横から込めるので、ここの動きが渋いとそこそこのストレスです。

かといってあんまりオイルやグリスなどを塗布しすぎるとBB弾が油まみれでホップの効きや命中精度に影響が出ます。

何か対策を施さないとです。


次は外観。

グリップが角ばっててP226E2に比べて持ちにくい、という感想をファーストインプレッションで書きましたが、ゲーム中にそんなことは一切気になりませんでした(笑)

同じく、きついラウンド形状のトリガーですが、これもグローブをした手でも全然問題なく引けて、なんら気になることはありません。

M&Pのトリガーフィールは、「トリガーセーフティが組み込まれた中折れ式のトリガーでダイレクト感がない」「トリガートラベル(トリガーの移動距離)が長い」とかいろいろ言われています。

自分も玄人ぶって「気になる」とか書いてましたが、実はだいぶ鈍感な人間だったみたいです。

反省です。


サムセーフティ。

過去に使っていたMEUに比べれば、とてもコンパクトで誤操作しにくい形状だとは思っていたのですが、これが案外くせものでした。

自分の手の形のせいなのか、サムセーフティ自体の場所のせいなのか、角度のせいなのか、形状のせいなのかわかりませんが、けっこう親指に引っかかります。

サムセーフティのないモデルが一般的らしいので、外してしまおうかと画策中です。

あ、でもミリタリーユースでは、サムセーフティはついたモデルが採用されたりするんでしょうか。

もし自衛隊で採用なんてことになると、サムセーフティ付きが採用されそうじゃないですか?

悩み中です。




実用面。

よく当たります。

思ったところに弾が飛ぶというか、狙っているところに弾が吸い込まれていくというか。

これは今まで使っていたMEUやP226E2に比べて、スライド高が低いこととか、ハイグリップなフレーム形状とかが影響してそうです。

たぶん自分の射撃スキルがいきなり向上したわけではないと思います(笑)





だいぶ毛深げですみません(;´Д`)

分かってもらえるでしょうか、M&PとP226E2のスライド高とグリップ位置の違い。

見た目はちょっとの差ですが、これだけで射撃感はだいぶ変わってきます。

鈍感な自分でも少しは分かりました。



ということで、M&Pが手元に来てすぐのファーストインプレッションとは大きく異なる使用感となりました。

やっぱり道具は使ってみるまで分かりませんね。

今まで使ってきたマルイのガスガンはほとんど、どノーマル状態で使用してきました。

ですがこのM&Pは初めていろいろと手を入れてみたいと思えるほど、お気に入りとなりました。

幸いなことにこれも偉大な先達方がいろいろな手法や方向性を公開してくれてますので、今後、自分にとって気になるところは随時手を入れてみようと思っています。

終わり。


M&P9関連記事

M&P9キタ━(゚∀゚)━! 中古品ファーストインプレッション

M&P9用 サファリランド6378ALSホルスター導入 シュアファイアX300対応モデル

【カスタム】M&P9 サムセーフティのオミット(取り外し)

【カスタム】M&P9 サムセーフティカバー取り付け

【カスタム】M&P9 インナーバレル交換(ナインボール ハンドガンバレル)

【カスタム】M&P9 マガジン動作安定化






  


2017年09月24日 Posted by ジャージお父さん  at 20:28Comments(0)M&P