ピストンの怪

これは、現在進行形の「流速チューン」を作成中に起こった出来事である。

…なんちて、24風に書き出しましたが、今回は上記の流速チューン作成中に起こった、珍しいピストンクラッシュについて書いていきたいと思います。

早く流速チューン仕上げろよ、と言われてしまいそうですが家庭の事情でなかなかエアガンに触ることができないので、過去の失敗をネタにします(笑)

その失敗とは…。



フルメタルティースのピストンの一番目の歯だけが根元からポッキリ逝ってます。

これだけでも結構ピストンクラッシュ(以下ピスクラ)としては珍しいかと思うのですが、よく見てください。

一枚目の歯の左側、ピストンのケツの青いプラスティックの部分。

ここ、後ろからえぐられていますよね。

どういうことでしょうか。



原因究明に先駆けて、この時のメカボレシピを書いてみたいと思います。

・SHS製 32:1トルクギア

・SHS製 フルメタルティース ハーフピストン(32:1専用)

・PDI製 M130スプリング

・UFC製 メタルピストンヘッド

・UFC製 メタルシリンダヘッド

・システマ製 シリンダ

・システマ製 タペットプレート

・システマ製 スプリングガイド

・純正 スイッチ

・純正 逆転防止ラッチ

・純正 セレクタープレート

・ビッグアウト製 セクターチップ

・自作 FET

・firefly製 ノズル(でんでんむし)

・ライラックス製 メタル軸受

これプラス、マルイ製 EG30000モーター。

…こんなもんでしょうか。

シム調整は、素人仕事ですから完璧とまではいかないまでも、そこそこはセッティング出てると思います。



実は同様のピスクラを、同じピストンで2本連続で起こしてしまってます。

このギアセットに変えて、何回かメカボを開け閉めしている時に、↓のようにピストンのケツの青いプラスティックの部分が後ろからえぐられていることに気付きました。



大丈夫かな…と思いつつも、メカボ+モーターで試射→メカボ開けるを数回繰り返しました。

ドライブ中は特に異音等なく、動作も正常だったと思います。

流速チューンメカボの特徴としてよく聞く、「吐出エアが熱い」という現象は感じられませんでした。

チャンバー等までを組んで実射すると、初速が全く上がらない、という症状はありましたが、これはチャンバー等との兼ね合いもあるので、なんとも言えません。

試射後いつものように、べベルギアをマイナスドライバーで若干戻し、逆転防止ラッチを浮かせて縮んだスプリングを解放した後、メカボを開けるとピストンのケツが、↓の写真のようになっていました。



別角度からです。



逆回転したセクターのラック側の歯が、ピストンのケツのプラスティック部分を削って突き抜け、ラック歯1枚目を後ろから蹴り上げて割っています。

拡大してみます。



この後、全く同じ形状の新品ピストンに取り換えて、再度調整を続けようとしましたが、そのピストンは1回目の逆転ラッチ解放で、同様の結果となりました。

スプリングの戻る力って、M130にもなるとセクターの慣性回転でもピストンを割るほど強いのか?

それともSHSのピストンの作りや素材が悪いのか?

はたまた自分の組み方がおかしいのか?

…なんか自分の組み方が間違っているような気がしてきました。

初速も上がらないし…(笑)

自分的には、原因は

逆転防止ラッチを解放した際に、伸びていくスプリングに加速されたピストンによりそれに直結するセクターギアの回転も加速して、ピストンのラックギアから離れたあとも強力な回転慣性力で後ろ側からピストンのラックギアを叩くこととなり、プラスティック部分を突き破って、ラックギア1枚目の構造上弱い方向からの打撃により、ラック歯が折れた

のだと思います。

つまるところ、SHS製ピストンの素材と構造が良くないのではないか、とにらんでます(-_-;)




なんか32:1トルクギアって、専用ピストンがこんなじゃ使いにくいなぁ。

それとももっと軽いスプリングでやるべきなんですかねぇ?

現在はとりあえずUFC製100:200(24:1)のヘリカル・トルクギアとSHS製(また!?)メタル歯5枚ピストンで、流速チューンテスト継続中です(-_-)




  


2013年03月19日 Posted by ジャージお父さん  at 09:32Comments(6)内部カスタム

チャレンジ! 流速チューン その7

久しぶりのチャレンジ!流速チューンコーナーです(笑)

前回の同シリーズでは初速が全く上がらない症状で、きっとそれはどこかの圧漏れだろうと予想はしたものの、どうもピストン回りは大丈夫そうだし…

という部分までいったかと思います(←自分で忘れかけてます(笑))。

今回は、チャンバー部分を…と思ったのですが、分解途中にあることを発見したので、その部分を小細工していこうと思います。

ある部分とはこれ↓



ファイアフライ製高性能ノズル「でんでんむし」。

たぶんでんでんむし自体は悪くないと思うのですが、この白いでんでんむしをよく観察したところ(…なんだか昆虫ブログみたい(笑))、前半分の上側に黒い擦ったあとがあるではないですか。

これって、「ノズルがチャンバーパッキンに入った時、上側に強く押し付けられている」って事なんじゃないでしょうか?

これが関係して圧漏れが発生し、初速大幅低下が起こっている可能性は十分に考えられます。

というか、これが原因であってほしい!(笑)




以前、タペットプレートが破損して交換した際、純正パーツが無くてシステマ製のものを組み込みました。

このシステマ製タペット、純正ノズルやそれに準ずる形状のものであれば問題はないのです。

…が、ことでんでんむしのような、回転止めにタペットとの接合部に「ふた」をする形状を持ったものを使うには加工が必要なのです。

システマ製タペはノズルを挟むツメがやや長く作られています。

そのため無加工ででんでんむしを載せると、どうしてもノズルの穴の中心が上寄り、つまりノズルが浮いた状態になってしまうのです。



以前の組み込みの時、でんでんむしの下側(タペとの間)に隙間があるのを見つけて、若干タペのツメ(上記①部分)を短く削ったのですが、それでも足りていなかったようです。

で、またさらに削って、(たぶん)適正位置に来るように加工しました。

さらにツメの厚み(上記②部分)も若干削り(と言っても0.数ミリですが)、ノズル先端がよりチャンバーの奥までとどくようにしてみました。

それをメカボに組み込んで、さあ、メカボを閉じようとしたその時!

またあることに気づいてしまいました。

…メカボの首のあたりにちっちゃな亀裂が…。

そういやこのメカボ、もう10年もののノーマルメカボなのでした。

それを強化スプリングやメタルシリンダヘッド、メタルピストンヘッドでバシバシしばいてたら、そりゃメカボも割れますわ(~_~;)

というわけで、次回に続きます。




  


2013年03月16日 Posted by ジャージお父さん  at 17:14Comments(0)内部カスタム

チャレンジ! 流速チューン その6

こんにちは、npyuです。

流速チューンシリーズ、前回からものすごく間があいてしまいましたが、ちゃんと続いていますYO。


画像ハ、流速チューントハ関係アリマセン…

いよいよ、自分の流速チューンにチャレンジ計画も大詰めに近づいてきました。

今回は、今までに作ってきたパーツ類をメカボックスに組んでみて、実際性能はどうよ?ってな感じでやっていきます。

今までに作ってきたパーツと言えば、

① HOP窓を拡大加工したインナーバレル

② HOP窓を拡大加工したチャンバー

③ 長かけHOP

④ シリンダーヘッドノズルのインナーパイプ

⑤ 重量化ピストンヘッド

の5つです。

これらをすべて組み込んで、メカボックスを閉じました。

あ、ちなみにスプリングは手元にあったPDI製のM130、シリンダはシステマのtype-0です。

まず、グリップ、モーター関連だけ組んで、バッテリーをつないで動作確認。

…動きます。

が、ノズルから吐き出されるエアが、なんか巷で言われてるようには熱く感じない…。

何回もやって、よ~く感じてみたら、なんとなく生暖かいような、普通なような…。

こんなもんなのかな?って思って、とりあえずグリップを外し、レシーバー類を組んで撃てる状態にして、初速を測定しました。

ノンHOP→69m/s前後

…あれ?

チャンバーのダイヤルをちょっとずつ上げていきます。

微妙に初速が上がっていき、

最大HOP手前→75m/s

という最高初速。



HOPを掛けると初速が上がる、という流速チューンの特徴はわずかに見られるものの、初速が激悪。

何がいけないんだろう。

いちばん疑うべきは、圧漏れのような気がする。

かと言って、各部の圧漏れだけで、こんなにも初速が下がるものなのでしょうか?

M130ピストンとフルシリンダーを入れてるんですから、単純に考えてもアレな数値が出てもおかしくないはずです。

数値的には半減と言っても過言ではありません。



でも、あれこれ不思議がってても仕方ないので、これは、と思うところをひとつひとつ潰していくしかありません。

気密の関係で、自分が一番最初に思いつくのが、シリンダ&ピストン回りです。

シリンダ、シリンダヘッドに関してはシールテープも巻けないくらいのキツさの削り出しヘッドを入れてるので、たぶん大丈夫。

ピストンヘッドとシリンダも、シリンダヘッドを指でふさいでピストンを押し込んだらちゃんと止まるし、圧漏れはないと思います。

次はシリンダヘッドとノズルですが、これもサードパーティー製のシリンダヘッドにしてますが外径はノーマルと同寸ですし、これにファイアフライ製のノズル「でんでんむし」を組んでいますが、ここが漏れているとも考えにくい。

というか、ある程度の漏れはあるんでしょうけど、この部分の圧漏れだけでここまで大幅な初速ダウンはもう一つイメージしにくい。

となるとチャンバー周りかな?

手始めにHOPパッキンをサードパーティー製のスリックから、ノーマル加工のスリックに変えて見ます。

まずノーマルのHOPパッキンを裏返します。

ノーマルチャンバーの裏には、回転止めの細長いリブと…



HOPをかける部分の丸っこい凸があります。



この部分を取り除きます。



自分は最初、カッターで切除したあとリューターの研磨ビットでなるべく平らになるように削りましたが、やった感じ、最初っからリューターで施工した方が、早いしキレイにできるような気がしました。



で、こんな感じ↑でスリック化しました。

既製品のスリックと比較してみると、ノーマルの方が銃口方向に長いです。

そして、若干薄いです。

これを組み付けます。

通常の組み付けとは違い、45°回転させて取り付けます。

そして試射。

ノンHOP→70~71m/s

最大HOP手前→76~77m/s(最大初速)

ほんのわずかに数値の上昇が見られました。

でも、まだまだ全くダメです。

使用しているパーツ類を考えれば、お話にならないレベルです(>_<)




ちょっと考えて、ふと思いました。

ノズルはチャンバー内に適正に届いているんだろうか?

次回はこの辺りを検証していこうと思います。




  


2013年03月05日 Posted by ジャージお父さん  at 19:21Comments(0)内部カスタム

チャレンジ! 流速チューン その5

この流速チューンシリーズも、いよいよ大詰め、第5弾です。

今回は重いピストンを作成します。

理屈的には、フルサイズのシリンダ内の大量のエアを絞って細くなった出口から一気に押し出すには、軽いピストンよりも重いピストンのほうがいいらしい。

なんとなくイメージしにくい理屈ですが、そんなもんなんでしょう(^_^;)

でははじめます。


まず、重いピストンってことで、純正のプラスチックのものよりも、メタルピストンヘッドのほうがいいだろうということで、ベアリング付きメタルピストンヘッド。



これに、材質不明のワッシャーをはめ込んでいきます。

できるだけ重いほうがいいのかなと思い、組み込み時、ピストンが後退したときにスプリングガイドと干渉しない最大限の枚数を入れます。

その後同じピッチの、長いネジを使って完成。



ピストンに組み込む際には、ネジロック剤を忘れないようにしないと、大変なことになりそうな予感がします(笑)




次にピストンですが、これは巷ではメタルピストンなんつーのが売ってますが、べらボーに高額じゃないですか。

ここは無難にフルメタルティースピストンくらいで許してつかーさい。

写真はありませんが、SHS製のフルメタルティース。

じつは、今回使うピストンは、他にもノーマルと違う部分があります。

でもそれは流速チューンとは別の機会にネタにします(^_^;)


ピストン自体の重量は計測し忘れましたが、持った感じからして、だいぶん重たいピストンができたと思います。

次回は今まで作ったものを組んで、その結果どうなったかを見ていきたいと思います。

なんか、よく分からないことになってしまいました(T_T)

ではごきげんよう~。



  


2013年02月13日 Posted by ジャージお父さん  at 11:10Comments(0)内部カスタム

チャレンジ! 流速チューン その4

こんにちは、なかなか先に進まない、「チャレンジ! 流速チューン」コーナー?ですが、ようやく第4弾となりました。

今回は「シリンダーヘッドのインナーパイプを作る」です。

シリンダーヘッドのパイプ部分に、さらに細いパイプを押し込んで内径を絞り、エアーの流れる速度を高めるのが目的です。

ってなことを、大学で流体力学を専攻していた弟に説明すると、「内径を絞った部分の流速は速まるけど、その部分を過ぎるとまた元に戻るよ?」といわれました。

ということは、内径絞りは無意味?

でもとりあえず、流速チューンの偉大な先人たちはこの工作をされてる方が多いので、自分もやってみることにします。





まず、シリンダヘッドノズルの内径(約4.8ミリ)に近い外径の真鍮パイプを用意します。

外径5ミリ、内径3.5ミリの真鍮パイプが、コーナンにおいてありました。

それをシリンダヘッドパイプよりもちょっと長いめに、適当に切ります。

そして電動ドリルのチャックに端を挟んで、回しながら、粗い目の紙ヤスリをあてがいます。



時々真鍮パイプの外径を数ヶ所計りながら、4.8ミリ弱くらいになったら、シリンダヘッドパイプから頭がちょっと出るくらいの長さにカットします。



で、こんな形↓になります。



これをシリンダヘッドパイプに差し込みます。

接着剤とかつけてた方がいいかもです。

多少のキツさは、プラスチックハンマーとかでしばいて、押し込んでもいいと思います。

で、こんな感じです。



シリンダヘッドパイプからはみ出す長さは、ノズルの内部形状との兼ね合いで決めてください。

注意点としては、ノズルがしっかりと最後まで後退できるように、ノズルを被せて確認することが必要です。

ノズルが後退しきらないと、ノズルかタペットプレートの破損の可能性があるからです。





以上でインナーパイプの作成及び組み込みは完了です。

次回は重たいピストンを作ります。




  


2013年02月10日 Posted by ジャージお父さん  at 22:14Comments(0)内部カスタム