2017.08.13 泉州タクティカルフィールド ゲームレポ

一時期、ゲーム写真を撮影するのが億劫になってた時期があって、その時はもちろんゲームレポの投稿していませんでした。

実際、ゲームレポ記事は他のアイテム系やエアガン関連の記事と比して(書き方・撮り方にも問題があるんでしょうけど)アクセス数が少なく、投稿してもあまりモチベーションアップにつながらなかった、というのも理由のひとつです。

ですが最近なぜかまた、戦場カメラマン熱が徐々に上向いてきていて、何気に写真をよく撮るようになりました。

ただ、めんどくさくてブログアップはさぼってましたが、これもガスブロM&Pを買ったよ的な記事を書いたのを皮切りに、波が来ました(笑)




さて、もうひと月以上前のゲームになりますが、一応日記的な意味も込めて、アップロードしときます。

自分的鉄板フィールドのうちのひとつ、泉州タクティカルフィールドさんにお邪魔してきました。

久しぶりに若くない方のKくん(そろそろイニシャルだけの個人表記は限界になってきたな。)も参戦してくれて、楽しく遊べました。



うちのチームでは初参戦の若い方のKくんと、もはやメインメンバーSくん。



こちらは若い方のKくん(左)と、若くない方のKくん(右)。

若い方のKくん、何やらやんちゃな気配がします。



遠くを見つめるH氏。

自分と同じ二型迷彩ゲーマー兼チューナー。



H氏の部署の若い子、Yくん。

爽やかイケメン。このヤロー( *`ω´)



ヒットコール、ありがとうございまーす。



若くない方のKくん。

装備にもうちょっとこだわって欲しいなー。


H氏。

多分やられて帰るところ。だったと思う。

表情にやられた感が出てますね~。



またしてもイケメン。

今度はパトリオット。

このイケメンもじっとしてられる人ではなさそうです。


なかなか相手を倒せずに、悩んでました。

ビギナーKには次世代は重すぎたかも。


H氏が使っているのを見て、M&Pがめっちゃ欲しくなりました。


年末年始くらいにサバゲーを始めたS君。

銃の構え方など、だいぶ垢抜けてきた感があります。

もはやウチのチームのメインメンバーと言っても過言ではない高出席率。


若くない方のK君。

米軍的な装備ですが、彼は体がデカいのでこういうカッコが似合います。

羨ましい限り。



みんなが笑顔になってくれて嬉しいですね。

  
  • LINEで送る


2017年09月22日 Posted by ジャージお父さん  at 14:39Comments(0)サバイバルゲーム

2017.09.11 西宮ブレイクアウトCQB ゲーム&フィールドレポ

立て続けにはなりますが、今回もゲームレポになります。

場所は、今年夏前くらいにできた新規屋内フィールド、西宮ブレイクアウトさんです。

フィールドレポも兼ての投稿です。

見通しが甘くて、人数が10人ほどしか集まりませんでしたが、久々の貸切ゲーム。

今回は2人のゲストをお迎えしました。


いきなりのモデファイドプローン、本日のゲストN氏。

警察系特殊部隊装備が長身によく似あってました。


こちらもゲストのNくん。

なんと移動しながらのトランジション!

2人ともなかなかの猛者とお見受けしました。


カメラ目線の王者、T氏。

今夏サバゲーデビューのT氏ですが、G3SAS HCを駆って暴れています。


セーフティにて。

一人一卓の贅沢さ。

T氏がなんかカッコいい(笑)



陸自OD作業服にG3SAS、M&Pというなんとも個性的なH氏。

でも今回は無理言って来てもらったので、この方には頭が上がりませんm(_ _)m


ヒットされた人たちは一方通行のキャットウォークを通ってセーフティに帰ります。


またしてもカメラ目線のT氏。

目の前に敵がいるんじゃないですか?(;゚Д゚)


戦闘準備中のS氏。

Amazon人気ナンバーワンでお気に入りのSWATベスト、何か月か連続で自宅に忘れてます。


やっぱりかっこいいっス、N氏。


逆光ですが、姿勢でわかりますよね、N君くんです。


男は背中で語るもの…、なんちゃって。

退場のキャットウォークを歩くI氏。


89式からM9にトランジション。

屋内的なところをクリアリング中のN班長。

様になってます。


ターミネーター戦中のターミネーター役N氏。

MP5&P90のダブルフルオート!

怖ェェ!


索敵中のI氏。

この人は潜み方が上手いのか、動きが素早いのか、なかなかファインダーにとらえられません。


トイレに行った後に、なぜかたたずむS氏。

この人もすぐに隠れるので、写真が少なめ。


スタート前のI氏。

こんな時にしか、この人の写真はとれないですよね。


同じくスタート前くらいしか撮れない人。


N班長。

自分たちの中では最高齢ですが、何気に動きはいいです。

けっこうやられたり、助けてもらったりしてます。


カメラはとらえた!

戦闘中のI氏を(笑)


獲物を狙うN班長。


手前からN君、H氏、N氏、T氏。

手ごわいチーム編成。


奇跡の一撃を放ったSくん。

この姿勢でスナイパータワーに隠れるS氏を撃沈。

けっこうな距離の小さな隙間を狙った、神ショット。


今回はこの人、Sくんもなかなか撮れませんでした。

いつもはちょこまかと目につく動きをしてるので、多く撮ってしまうのですが。


平均年齢35歳以上のおっさんばかりのチームです。

精神年齢が若いのはいるかもですが(笑)




フィールドレポですが…


フィールド全景。

セーフティの中から撮影しています。

写真手前右端のキャットウォークがフィールドイン専用の一方通行、左側のがフィールドアウト専用の一方通行。

定例会では1ゲーム終わればすぐに、連続で次のゲームを開始するそうで、参加者の方々はフィールドアウト側のキャットウォークにBB弾やらガスやらを置いておくそうで、す。

鬼のようなゲーム回しです((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

地面は固めてはありますが、アスファルトやコンクリではないのかな?

微細な白い砂が浮いてます。

自分の黒い半長靴もどきやニーパッドは真っ白になりました。

また屋内フィールドなんでサイクロンなどを使うと思いますが、サイクロン自体が砂を巻き上げて真っ白になります。

一日が終われば、装備類の点検整備をした方がいいと思います。

この人数ですが、フィールド的には広すぎず狭すぎず。

ダッシュは禁止。

フィールド奥半面には2階部分がありますが、柵から身を乗り出しての発砲禁止。

もちろんブラインドファイアも禁止ですので、ルール上、2階から、自分の目の前の、柵の下の敵を撃つことはできません。

ただバリケや通路、2階形状など、上手く配置してあるので、かなり楽しめました。

たぶん10vs10くらいがイイ感じのフィールドじゃないでしょうか。

いいフィールドができてくれました。


以上終わり。

  
  • LINEで送る


2017年09月20日 Posted by ジャージお父さん  at 16:31Comments(0)サバイバルゲーム

M&P用ホルスター

前回、M&Pを買ったよ~的な駄文を投稿しましたが、今回の駄文はそのホルスターについてです。

自分は以前MEUピストル用にサファリランドの6004SLSを使っていました。

ですが、SLS(セルフロックシステム)になかなか馴染めず、同じサファリランドの6378+SIG P226E2+Surefire X300にシフトしました。(その経緯とレビューはコチラ。)

このホルスターは自分には合ってるようで、とても使いやすいので、次に別のハンドガンを手に入れてもこのシリーズで、と思っていました。

今回もその流れで、6378のM&P用を入手したわけです。



どこのショップでも品切れの中、日本橋のウイリーピートさんでラスいちを幸運にもゲットできました。



ゲットはできたものの、この6378(ライト可バージョン)はちょこっと問題がありまして、マルイM&Pがすんなりジャストフィットというわけにはいきません。

ウイリーピートの店長さんが教えてくれたのですが、誰でもできる簡単な加工が必要となります。

youtubeで、マック堺さんが6378(ライト不可バージョン)にマルイM&Pをスチャッとジャストフィットさせている動画がありますが、ライト可バージョンでは箱出しではそうはいきません。





外側から見るとこのパーツ。



このパーツの裏側の、実銃ではバレル内に入り込んで銃を固定する為の「突起」が長すぎて、エアガンのM&Pではインナーバレルにつっかえてしまうのです。

ということで…



銃口付近のこのネジと、



裏側のこの3つのネジを取り外し、



力技でホルスターを開いて



問題のパーツを取り外します。



ウイリーピートの店長さんは、上記②の位置でカットするようにと教えてくれたのですが、試しに①の位置でカットしてみました。

工具はプラスチック用のニッパーです。

パーツを元の場所に戻して、ネジをすべて締めてから試してみると…。

やっぱりダメ、銃が収まりませんでした。

もう一度ホルスターを分解して、素直に②の位置でカットして、バリを綺麗に馴らしてから再度ホルスターにセット。

今度はしっかりと奥まで収めることができ、ロックもちゃんとかかりました。

ただ、気持ちキツくて少し押し込まないとしっかりと収まらない感じだったので、



↑のネジを少し緩めて調整。

仕上げに、



ロッキング・フォークをつけて、これでP226E2用との付け替えが簡単にできるようになりました。











M&Pを収めた状態の外観はこんな感じに。



これでサファリランドのホルスターは3個目。

このネジ類の多さが散財を物語ってますよね(笑)

  
  • LINEで送る


2017年09月19日 Posted by ジャージお父さん  at 13:22Comments(0)エアガンアクセサリー類M&P

M&Pキタ━(゚∀゚)━!

我が家の二種原アドレスくんのフロントフォークをオーバーホールしました。

久しぶりにバイクをいじりましたが、やっぱり楽しいですね、機械いじりは。




いきなりですがマルイのガスブロ、M&P9を買いました。

中古品なんですが、どうやらハズレではなさそうです。



多少の傷や使用感はありますが、初速は68m/s前後、ブローバックもビシビシとイイ感じに動くし、しっかりとスライドストップもかかり、マガジンにガス漏れもなし。

内部構造を見る限りVカスタム系の仕様の(つまり評判の悪い初期ロットではない)ようで、特段スライドが重いというわけでもなく、トリガーリセット位置も特に気になる感じではありませんでした。



あ、でもスライドは自分の226E2に比べればちょっと引っ掛かりがあるかも。

いや、そんなに変わらないかな?

自分の226E2はもうかなり使いこんでいるので、あんまり比較対象にはならないかもですが。




そんなE2と比較するのもどうかと思いますが、グリップの握りやすさで言えば、なんとなくE2に軍配が上がりそう。

慣れているからとかもあるかもですが、グリップを握った時の親指~中指の部分の径が(測っていませんが)感覚的にE2の方が細い気がします。

M&Pのグリップは四角感があり、がっしりしていて硬い感じがあり、近いところで言えば、グロックのグリップのような感じ。

対してE2は、気持ち丸みがありプラ感満載で柔らかい気がするので、そういう意味でグリップ感に違いが出ているのかもしれません。

ただ、エアガンとしての撃ち味はやっぱりM&Pが圧倒的に良い。

E2の様にプラ製パーツがカチャカチャと動いている感はありませんし、ブローバックのスピード感、そこそこ大きめの発射音などすごい迫力があります。

やっぱり買ってよかったと思わせる一丁だと思います。




今回、なぜこれを買ったのかというと…(長くなりますが…)

自分は陸自(的な)コスをしているわけですが、皆さんご存知のとおり、自衛隊の制式けん銃はSIG P220のラ国品である9mmけん銃です。

そして9mmけん銃はタナカワークスがモデルアップしているわけですが、サバゲーに使うのにタナカワークス製の9mmけん銃を使うにはどうも抵抗があるのです。

タナカワークスのガスブロハンドガンがマルイ並みのコスト/パフォーマンスを有しているのなら、タナカワークス製9mmけん銃一択です。

でもこれが達成できていないので、サバゲーにはマルイ製、となるワケです。

そんなわけで9mmけん銃に一番カタチが近いマルイ銃ということで今まで226E2を使っていましたが、作動性は素晴らしい半面、そのプラスチッキーな作動音が長らく気になっていました。

メタルスライドやメタルアウターなども、とってもとっても気になりますが、やっぱり高価ですし。

またけん銃型遊戯銃の金属製パーツに関する法律の解釈上、その使用に関してはなんとなく後ろめたい気がして。

そんな折、会社のサバゲー仲間がM&Pを使っているのを見かけました。

226に比較してかなり大きな発射音、ものすごくキレ味のあるブローバック。

仲間のM&PはVカスタムのほうですが、持たせてもらった感じはとてもコンパクトで、質感もいい。

何より、226のようなプラ感があまりしない。

トリガーの、ラウンドのキツい形状はちょっと気になりましたが、そこ以外は完全に一目ぼれ。

ちょっと調べてみると、自衛隊でもS&W製けん銃を試験購入!(←「M&P」とは書かれていないそうですが、時期的に販売停止になったシグマやそれ以前の自動式とは考えにくく、M&Pの可能性が高いそうです)的な記事を発見したので、自分に都合のいい解釈により、当隊でも試験導入することを決定した、というのが理由です。

長文失礼しました。


次回は、今回入手したM&Pのホルスター関連を書いていきたいと思います。










  
  • LINEで送る


2017年09月17日 Posted by ジャージお父さん  at 14:29Comments(0)エアガンM&P

2017.07.02 FRONTLINE ゲームレポ

仲間内での休みの都合がなかなか合わない中、ゲーム間が中2ヶ月の自分は、多少強引に予定を組んで、少数で定例会に参加してきました。

今回は諸所の事情で写真は2人分だけ。

いつもどおりゲームレポは内輪用記事です。

あしからず。

それでは。


左からI氏、S氏。


I氏の背中。

痩せマッチョの背中に2型迷彩が良く似合ってます。


今日が初めてのサバイバルゲームとは思えないほどこなれた着こなしΣ(゚Д゚)


銃の構え方にも、素人臭さはあまりなく。


陸自旧作業服のS氏。

Amazon売れ筋No.1ベスト(笑)を持ってくるのを忘れた!とか。


SCAR-Hにスコープをつけて、自陣近くでアンブッシュが得意技。

毎ゲーム、必ず数キル挙げてきます。


今回はアイウェアが自分の貸し出し用の安物ですが、シューティンググラスとかつければかなりイイ感じになりそうです。


銃も貸し出し用のM4 S-System。

2型迷彩には些か似合いませんが、I氏にはなんでか似合ってます。


バリケ越しに狙い撃ち。


突入コースを吟味中。

おとなしい感じのI氏、実はアタッカー気質だったり…。


こちらは隠れる場所を吟味中。

アンブッシュが面白くて仕方がない時期(笑)


正反対の性格の二人がなぜか同じバリケに。


バリケで依託射撃中。

自分はあんまりしませんが、I氏はなんだか様になってます。


バリケの隙間から様子をうかがうI氏。

とても落ち着きはらっていて、ビギナーとは思えません。


I氏「まだまだ敵は遠いな…」

S氏「そう言っている奴から死ぬんだYO」

とか映画風に言ってるのでしょうか

…自分はいつもそんな感じでヒットされます(笑)


やはりじっとできなかった様です。

この後、目指していたバリケ付近でヒットされました(笑)


ほら、言わんこっちゃない的なドヤ顔(目線とマスクで見えませんが)


本日の参加メンバー。

手前3名に加えて、写真を撮っている自分です。

新旧自衛隊カルテット。

ではまた。

  
  • LINEで送る


2017年07月07日 Posted by ジャージお父さん  at 22:35Comments(0)サバイバルゲーム