OAKLEY ファクトリーパイロットグローブ

今回は自分が使っているグローブの使用感等についての紹介です。

プロフィール画像を見てお気づきの方もいるかもしれませんが、タイトルのとおり、自分は現在のハンドウェアとしてオークリーのファクトリーパイロットグローブのFGカラーを使用しています。



自分にしては珍しい実物装備、諭吉さんが一人去っていくくらいのお値段がします(涙)

この趣味を初めてすぐの頃、レプリカ品を使っていたのですが、数回ゲームに行っただけでベルクロの縫製がほつれ始め、掌のすべり止めがポロポロとはがれ、そうこうしているうちに指先が破れて引きちぎったみたいになりました。

でも自分はこのグローブのデザインがとても好きなので、「やっぱり本物がいいのかな~」とか思って、ショップで見かけては試着をしたりしてましたが、やっぱり値段がネックで、二の足を踏んでました。

それに自分にはサイズがどうも合わない感じ。

拳周りが狭い割に指が長い。

指に合わせると拳周りが窮屈。

でもどうしてもこのモデルが欲しくて、多少のサイズ感の不具合には目をつぶり、勢いで購入しました。

現在で購入から約1年間使用しましたが、縫製のほつれなどは皆無で、穴あき、破れ等も一切ありません。

タフでグローブとしてのクオリティも高く、所有感も満たしてくれる、そういう意味ではよいグローブと言えるでしょう。



ではまず、このグローブのサイズ感について書いていこうと思います。

前提として、Mサイズ、だいたい月イチのゲームで約1年使ったもの、洗濯については洗濯機でブン回し、乾燥についてはタコ足に吊っての自然乾燥しているものを見ながらの記載です。




また、計測については素人計測につき、参考程度と考えてください。

では最初に自分の手のサイズを見ていきます。



①人差し指・長さ約7.0㎝、②幅約2.0㎝
③中指長・長さ約7.8㎝、④幅約2.0㎝
⑤薬指・長さ約6.8㎝、⑥幅約1.9㎝
⑦小指・長さ約5.5㎝、⑧幅約1.7㎝
⑨親指・長さ約5.0㎝、⑩幅約2.0㎝
⑪拳部幅約8.5㎝
⑫掌部縦長約10.0㎝
⑬拳部周囲約21.0㎝
⑭手首周幅約6.0㎝

となります。

これと比して、グローブの平置きのサイズを出してもあまり意味はないかと思いますが、一応。



①人差し指・長さ約8.0㎝、②幅約3.5㎝
③中指長・長さ約9.0㎝、④幅約3.5㎝
⑤薬指・長さ約8.0㎝、⑥幅約3.5㎝
⑦小指・長さ約6.0㎝、⑧幅約3.0㎝
⑨親指・長さ約6.5㎝、⑩幅約4.5㎝
⑪拳部幅約11.0㎝
⑫掌部縦長約11.0㎝
⑬欠番(測定不可)
⑭手首周幅約10.0㎝


以下、各部の着用感を記載します。

上記①~⑩の指については各指ともに幅は特に問題ありません。

キツくもなく、ブカブカでもなく、ちょうどいい感じです。

指先については、各指ともつまめるほど余ります。

銃を扱う上では特段問題はありませんが、ファステックを外す、ハンドガンの予備マグをマグポからつまんで抜く等、指先の作業は割としにくい感じです。

⑪~⑬の拳周りですが、カーボンナックルが硬すぎるからでしょうか、グローブを着用しただけの状態でも横幅がやや窮屈な感じがします。

手を握りこむと、カーボンナックルの張力が高すぎるからか、各部がナックルに引っ張られるような感じでさらに窮屈に感じます。

でも指先は余ります。



またナックル部の裏地ですが、素材名は分かりませんがネオプレーンみたいな感触の生地が貼られていて、自分の拳では、カーボンの硬さによる痛みなどはありません。

空手などで巻き藁などを突かれている方の拳であればかなりの窮屈感はあると思います。

⑭の手首周りですが、自分ではちょっと余る感じがします。






参考までに、自分の手はそこそこ小さめで、メカニクスウェアのオリジナルグローブであればSサイズが超ジャストフィット。

指先なんて余りもせず突っ張ることもなく、ちょーいいカンジなんですが、オークリーのファクトリーパイロットグローブではMサイズでも拳が窮屈、でも指先はかなりあまる。


総じて、長くて細い感じの手の方にはしっくりくるかとは思いますが、日本人的な手に近い方には若干なり窮屈に感じるかもしれませんね。

ただ、何回も試着してそのことが分かっていた自分もそうですが、この形が好きな方にとってはこの程度のアンフィット感は大した問題ではないのかもしれません(笑)

しかしながら安い買い物ではないことも事実であり、できることなら試着をされてからの購入を強くお勧めします。
  
  • LINEで送る


2017年03月29日 Posted by ジャージお父さん  at 22:25Comments(0)装備グローブ

軽装甲機動車

最近ちょっと前の未視聴アニメを掘り返して見ているんですが、面白いのがちょくちょくありますね。

その中でもお気に入りが「灰と幻想のグリムガル」。

内容的には壮大なストーリーでもなく、圧倒的な強さや派手な魔法が炸裂するわけでもない、地味な感じのファンタジーものです。←だがそれがいい。

駆け出しの冒険者が苦難を乗り越えて成長していく「はず」の物語。

「はず」というのは1クールで作品が終わってしまって、成長後の姿を見ることができないから(泣)

円盤もあんまり売れなかったようで、続編は超期待薄。

まあ確かに、客観的に見れば地味すぎて爽快感や視聴後の満足感などは得にくいものだったかもしれませんが、素朴な感じのするいい絵柄や話だったと自分は思ってます。





閑話休題。

今回は時々町中でも見かける(自分だけ?)、陸上自衛隊の軽装甲機動車。

これのトミカを買ってしまいましたよ~って話です。









ディテールなんかは詳しくはどうなのか分かりませんが、「にわか」の自分には相当カッコよく見えます。

無骨なデザインで、この存在感がたまりません。

これが500円足らずで買えるなんて、満足度☆5つです。

嬉しがってキッチンカウンターに飾っていたら、ウチの3歳男児にシンクに放り込まれていたので、現在は職場のデスクの隅っこが車庫になっています。

あと2台くらい買って、並べて飾ってみようかなと画策中です(笑)



…購入後1週間ほどたって初めて、ドアが開閉することに気づきました。



今回はこれまで。

  
  • LINEで送る


2017年03月28日 Posted by ジャージお父さん  at 00:05Comments(0)その他その他

サイクロンインパクトグレネード

以前から気にはなっていたグレネード。

でもトルネード~は価格が高すぎて、気にはなるものの、どうも二の足を踏んでいました。

長い間どうしようかと悶々としていましたが、昨年「サイクロン・インパクト・グレネ―ド」なるものが、サイズも価格も大幅ダウンにて販売されました。

ということで、数ヶ月前に、ミリタリー先生のY氏と一緒に購入しました。



このサイクロンについての詳しい仕様や装填方法などは、他ブログ様が分かりやすく説明してくださっているので、そちらを見ていただくこととして、当ブログでは自分の装備(携帯)方法について語ってみようと思います。




まず基本的にピンやスプーン(レバー)といった、投擲時に取り外さないといけないパーツが複数あるのは、使用に際してワチャワチャなりそうなので、極力少なくしたい。

ということで、自分はイージープラグというのを採用しています。




スプーンとピンがなくてもファイアリングピンが落ちないようにするゴム製の栓です。




このイージープラグにワイヤーをつなげて、使用時はこのプラグをひっこ抜くだけで投擲でき、なおかつワイヤーでつながったプラグは手を放しても手元に残る。



こんな感じです。







サイクロンの収納方法については、上の写真にあるように、当初ブラックホーク製のグレネードポーチを用意しましたが、サイズが合わず、強く引っ張って何とかファステックがパチンと閉まるくらいのキツさだったので、これはあきらめました。



次に、以前財布とたばこの携帯のためにと思って購入したエスグラ製の多目的ポーチ(?)。

このポーチにはベルクロ蓋部とファスナー部の2か所に割と容量の大きいポケットがあります。



ここにワイヤーでつないだサイクロンをひとつずつ入れるとちょうど良いサイズ感に。

ただベルクロのポケットについてはサイクロンをすぐに取り出せるんですが、ファスナー部についてはサイクロンにアクセスするのに多少の手間はかかります。

この辺りは要改善ですね。




ちなみに自分のサイクロンはデフォルトのステッカーをはがして、ハニービー製のフラッシュバン風ステッカーを貼りました。




発射口用の切り欠きもあり、




親切設計なんですが、のり面の粘着力が弱いのか、貼り付けの時に脱脂をしなかったのが悪いのか、端の方が少しめくれてしまいます。

全部がはがれるとかはないのですが、少し残念な点でした。

(※その後、端のめくれがとても気になり、赤色のガムテープを張ってしまいました…汗)



インドアフィールドなどで膠着した場面でサイクロンを使うと、一気に複数の敵をキルでき、なおかつ突破口が開けるという魔法のようなアイテムです。

ものすごく快感で楽しいのでドハマりしてしまいますが、ふと我に返って考えてみると、「行き詰ればサイクロン」的な思考に陥ってしまって、クリアリングや射撃がかなり雑になっている自分に気づきました。

まあ、インドアではサイクロンがメインアームっていうのも面白いとは思いますが、基本的にゲーム中、早々に死んでしまうとサイクロンも投げられないわけで、死なないテクニックというのもしっかりと行うことに損はないかな~と、思うに至ったわけであります。以上。






  
  • LINEで送る


2017年03月21日 Posted by ジャージお父さん  at 16:45Comments(0)その他グレネード

電動給弾器4

自分が大好きだったマンガ「げんしけん」が完結してしまいました。

初代?のころから好きだったんですが、アニメ版はもうひとつハマれませんでした。

マンガだからよかったのかもしれません。

ちょっと切ないです。

3代目とかあるんでしょうかね?


さて、ここから本題です(でもいちばん言いたかったのは冒頭の部分です・笑)

よくサバイバルゲームでご一緒する、ミリタリー先生のY氏がライラックスのリニューアル版クイッくんを使っています。

自分は4年ほど前、本家クイッくんの流通在庫がない時代に中華製パチ・クイッくんに手を出してしまったのですが、この性能がひどいのなんの。




配線やモーターを日本製のものに交換し、ようやくそれなりに使えるようにはなったものの、リニュアール版クイッくんと比べれば、作動音がやかましい割に給弾スピードがまだ遅い!

何とかならんものかと、常々思っていたところに某ショップさんにこんなものが。





どこのショップでも品切れの、ライラックスのリニューアル版の補修ギアセットです。

これを使えば中華製のパチ・クイッくんでも、ギアノイズがマシになって、給弾速度も多少は速くなるのだろうか?

少なくともノイズはマシになりそう。

ということで、今回のネタは中華製パチ・クイッくんのギア交換です。




まずは分解。



電池を抜きます。

パチ・クイは底部に電池ボックスがあります。

本来単三電池4本駆動なんですが、交換したモーターの定格電圧の関係上2本仕様に変更しています。

ぶっちゃけ、給弾スピードを上げることだけを考えれば、4本仕様に戻せばいいんだとは思いますが。

モーターやギアの耐久性のこととかを心配して2本仕様にしています。

そのうち人身御供としてチャレンジするかもですが。


次に下記8か所のタッピングビスを抜きます。




タッピングビスの受け側。

以前にも書きましたが、かなりの確率で割れてます。




受け側を外すと電池ボックスとメカボックス、BB弾の受け皿の部分を一緒に取り外します。




受け皿は給弾口方向に簡単に取り外せますが、その際に



このパーツ、エクステンションロッドとでも言うか、スイッチを押し込むための棒がポロッと落ちてくるので無くさないように注意です。




受け皿を取り外すと今度はメカボックスの分解です。

メカボックスはモーター側とギア側に分かれていますので、今回はギア側を開けます。

上記の赤丸3か所のタッピングビスを抜くと



ギアセットにアクセスできます。



新規ギアセットとの比較。

一見しての違いは、いちばん大きい弾送り用のギアの裏側の形状と、弾送りギアの次の2段ギアの小さい方に金属製ギアが使われているところ。

歯数については数えていないので、違いがあるのかないのかわかりませんが、見た感じでは同数ではないかと思います。

それよりも今回の作業で一番の難点が、各ギアの厚みの違いでした。

下の写真は各ギアの厚みの差の比較です(それぞれ右側が新規ギア・弾送りギアを1番ギアとする)。


2番ギア


3番ギア


4番ギア

特に2番・3番のギアの厚みの違いが顕著で、この厚さのせいで、各ギアを取り付けても、ギア同士が接触し、最終4番ギアがモーターのピニオンギアに当たらないというお粗末な結果に…。

ということで対策をとってみました。



まず、2番3番のギアがデフォルトよりも分厚いといことで、軸受けを切断して短くします。



3番ギアについては蓋側の軸受け(↑)も多少切断。

本来ならノギスなどで精密に測って、必要な分だけ切削して水平を出し…みたいな作業をするんでしょうが、そこは素人作業&中華製ということで、適当にニッパーでばっさりイッた後、デザインカッターで慣らして棒やすりで目分量で水平出し。

ニッパーで切断した時に軸受けの穴が変形してしまったので、棒やすりの丸いやつで整形。

切断し過ぎた部分は、現物合わせで電動ガンのメカボックス用のシムを適当に入れて各ギアが接触しない程度に調整します。



何度か蓋をあてがっては開けてシム調整を繰り返して、ようやく無理なくギアが収まるようになりました。

何も考えずに互換性があるものとばかり思っていましたが、まさかの工作をする羽目になってしまいました。



メカボックスをくみ上げた後、最後に電池を入れスイッチを押して作動確認。

今までに比べるとギアノイズはすごくマシになりました。

速度はそんなに速くなった感じはしませんが、多少はやった甲斐があったというところでしょうか。


結論、現行型のクイッくん用の補修ギアは、2012年ごろに流通していた中華製のパチ・クイッくんのギアとは完全互換ではありません。

メカボックスに対する多少の加工が必要となります、ということで。








  
  • LINEで送る


2016年12月21日 Posted by ジャージお父さん  at 23:12Comments(2)その他電動給弾器

S&Graf イラク仕様89式マガジンポーチ 改良(その2)

電池を入れても動かなくなったプラレールに、ミニ四駆のカスタムモーターを使ってみました。

いろんなモーターがあるようで、よく分からないままフィーリングで買ってみた(こういう買い方ができる価格帯っていいですよね)んですが、すごいです。

死んでいた動力車が、パワーアップして復活しました。

最近は2歳男児の影響を受けて、お父さんがプラレールにはまりつつあります(笑)



閑話休題、以前エスグラさんのイラク仕様89式マグポを、改良と称しながらプラスチックインサートを抜き出しただけ、みたいな手抜き記事をアップロードしました。

今回は抜き出したインサートを変形させて、ちゃんとした?インサートにしてみましょう、という企画です。

まずはエスグラ製イラクマグポ。



過去の写真の使いまわしです。





デフォルトのイラクマグポには↑のような「折り曲げただけ」のインサートが入ってました。

この折り曲げた付近をヒートガンで炙り、柔らかくなったところで89式のマガジンを挟んで押し込み、しっかりとマガジンを支えられる形へと変形させます。

工程の写真は撮り忘れてしまいましたが、そんなに難しいものでもないので、ご勘弁を。

結果としては形にはこれ↓ぐらいの差が出ます。

外側の短いポケット用


内側の長いポケット用


右からそれぞれ加工前、加工後、89式のマガジン。


加工後のインサートをそれぞれマグポに入れて、そこに89式のマガジンを差し、さかさまにしてみます。



それなりにしっかりとは保持できているようで、軽く振ってもマガジンの落下はありませんでした。

ちなみにもともとインサートにかけられていたエラスティックバンドは、取り外したままです。

インサート自体がマガジンよりも横幅が狭いので、結局マガジンを差すとポーチの奥に押しやられるだけですから。



自分のイメージとしては、プラスチックインサートは本来このような効能のために挿入されているのだと思っています。

たぶん、「フラップを閉めない状態だとマガジンが飛び出すための構造(デフォルト)」では無いはずです。





今回の加工は自分としても有意義なものだと思うのですが、やや難点が。

マガジンをポーチの奥まで深く差し込めるようになり、しっかりと保持できるようになったのはいいのですが、これにより、フラップの長さがだいぶ余る感じになってしまいました。



とは言え、基本マグポはオープントップ状態が好きなので、自分にとっては特に問題でもなかったり。



常にこんな感じです。


それと、このマグポは前後でマガジンに高低差をつけているはずなのですが…



高低差がほとんどなくなってしまいました。

長い方のポケットをかさ上げでもするべしなのでしょうか?

どーでもいいことですが、気持ち悩んでたりします(笑)














  
  • LINEで送る


2016年11月18日 Posted by ジャージお父さん  at 22:52Comments(0)装備その他