【航空自衛隊】小松基地見学に行ってきた【戦闘機】

ホントにご無沙汰してました。

夏ごろからゲームにも行けず、エアガンにも触れず、なんとも悶々とした日々を過ごしておりましたが、数ヶ月ぶりの更新となります。

こんなブログでも、時折様子を見に来ていただいてる方に感謝です。


さて、今回は職場旅行で、いつもゲームでもご一緒していただいているN班長に尽力していただき、航空自衛隊の小松基地の見学に行くことができました。



航空祭などにも行ったことがない自分がいきなり基地見学という上級コースを体験できるとは思ってもみませんでした。

生で見る初めての戦闘機に、年甲斐もなく興奮してしまいました。




小松基地の入り口、看板と門扉です。

小松基地に来た~!と実感できます。


門のところにある、詰所?です。

イケメン眼鏡自衛官が立番していました。

撮影していると、即座に「今日はどういったご用件ですか」と職質?されてしまいました。

コミュ障の自分は「あ、見学…」というのが精いっぱいでしたが(笑)、その後は気持ちよく撮影に応じてくれました。



時間がきて、集合がかかると、自分たちを含めて3グループ、十数名の人が参加していました。

注意事項として、

・基地内は2列に並んで歩くこと

・撮影は静止画のみ、デバイスはカメラだけOK、携帯(スマホ)やビデオカメラを使っての撮影はNG

と言われました。

また場所によってはカメラでの撮影もNGなところもあるので、撮影は都度確認してください、とのことでした。

具体的には、格納庫内、分解整備中の航空機、整備点検用のカバーを開けている航空機、その他特定の場所など。

以前は上記の場所の撮影も見学もできたそうですが、ダメって言われている場所を撮影してSNSにアップする事例が多発したことから、年々撮影可能場所が縮小しているのだそうです。

※当ブログの画像については、撮影許可がある場所の画像で、なおかつブログ掲載の可否を確認しています。



最初は資料館的なところで航空自衛隊はどんな仕事をしているのかという映像を大きなテレビで見せてもらい、「質問はありますか?」とか言われましたが、何を聞いたらいいのかあんまり思いつきませんでした。

その後、念願の戦闘機とのご対面です。



エプロン(駐機場)に向かう道を進むと、見えてきましたF-15のお尻部分。

…なんと、水色迷彩のF-15DJ、アグレッサー機ではないですか。



基地内の道路からエプロン近くの建物の屋上に移動すると、エプロンにはアグレッサーの機体が6機、小松基地には配備がないハズのF-2Aが1機、通常のF-15Jが数機と、大盤振る舞い。

その向こうには小松救難隊のU-125Aまで。


初めての戦闘機をこんなに間近でしかもこんなにたくさん見ることができるなんて!と、はしゃいでしまいました。

それでは以下、戦闘機写真をお楽しみください。

水色迷彩のF-15DJ、#090。

最初に目にしたアグレッサー機でした。

主翼下のミサイルみたいなのは、ミサイルではなく増槽(追加の燃料タンク)です。

複座型(二人乗り)のF-15DJ。

アグレッサーはこのタイプが多いそうです。

ちなみに単座(一人乗り)のタイプはF-15J。

緑色迷彩のF-15DJ、#083。

このような迷彩は、隊内で考案して塗装するそうです。

青色迷彩のF-15DJ、#094。

増槽も黒く塗装されています。

空自の職種の中でも超難関のイーグルドライバー、その中でも傑出した能力を有したパイロット。

各戦闘機部隊を巡回して、操縦・戦技指導などをしているそうです。

増槽だけがカラーリングされているF-15DJ、#076。

修理などでメーカーへ送った機体が部隊に戻ってくるときには、せっかくの塗装が落とされて帰ってくるそうです。

#076のキャノピーを一生懸命磨いて綺麗にする隊員たち。

機体には薄っすらと迷彩塗装の跡が…。

グレー系迷彩のF-15DJ、#070。

案内役の広報の方の話によると、一番新しい迷彩だそうです。

コクピットに乗り込むイーグルドライバー。

こう見ると戦闘機の大きさが改めて分かります。

キャノピーが輝いていて綺麗です。

パイロットが緑のつなぎ服の上に着用している、深緑色の装具は、耐Gスーツ

操縦時、だいたい8~9Gぐらいの加速度がかかる時もあるそうで、その時にパイロットが失神するのを防ぐための装備です。

オレンジ系迷彩のF-15DJ、#082。

こちらの迷彩も、昨年あたりからの比較的新しいカラーになるそうです。

こちらもキャノピーをピカピカに。

エアインテーク上に置かれている缶スプレーは、プレクサス?

ヘルメットには赤い星マーク。

飛行前の各種点検をしているんでしょうか。

イヌワシマークの306飛行隊所属のF-15J、#912。

エプロンから滑走路に向かってのタキシング。

エンジンの熱で背景がユラユラしてます。

上昇中の306飛行隊所属のF-15J、#803。

ものすごい爆音でした。

自分を含め、戦闘機好きはテンションが上がるのでしょうけど、付近で住んでる人たちは、きっと大変だんだろうな。

306飛行隊所属F-15J、#947のコックピット付近。

この写真も上昇中のもの。


エプロンに駐機中のF-15の奥に、後ろ向きでしたがF-2Aが。

尾翼に小さく薄っすらと見える鎧武者のマーク、青森県三沢基地の第3飛行隊所属と思われます。

#513、#517、#519、#538が確認できました。

ちなみに自分はこの洋上迷彩のF-2Aが大好物です。



以下は戦闘機以外の乗り物です。

T-4中等練習機、#711。

後方からの写真になりましたが、戦闘機に比べると、なんだか可愛い感じがしますよね。

この部隊マークは航空総隊・司令部支援飛行隊というところで、入間基地所属のようです。

キャノピーは横開き。

翼端のオレンジや赤いコーションマークが特徴的。



こちらも同じT-4で、離陸中の#652ですが、部隊マーク的に見て、小松基地の303飛行隊所属のようです。

奥に見えるのが、燃料給油車。

航空機の燃料を運搬・給油します。

手前のが電源車。

航空機のエンジン始動・整備のための電源を積んでます。

牽引車。

トヨタL&F製の2TG20というそうです。

もう一回り大きなタイプもあるようです。

基地内の売店、BX(Base Exchange)。

中はコンビニのポプラと…

自衛隊グッズのお店が並んでいます。

自衛隊グッズの店には、お土産品や自衛隊的実用品などが置いてありました。

入口には「支払いは現金で」的な張り紙がしてあります(笑)



この後、整備中のF-15を見せてくれたり、アグレッサー機の離陸急上昇や、駐機中の救難隊のUH-60Jなども見れたのですが、撮影禁止ゾーンにいたため残念ながら写真は撮れず。

でも大混雑と言われている航空祭などに比べれば、だいぶんゆったりと戦闘機を見ることができて、非常に満足な一日でした。

次は飛んでいるところをもっとしっかり見てみたいですね。


長文お付き合いありがとうございました。



…やっぱりミリブロに投稿した画像はピンボケ風になってしまうなー。

なんでやろ?










同じカテゴリー(自衛隊関連)の記事

2018年11月29日 Posted by ジャージお父さん  at 19:36 │Comments(0)自衛隊関連

<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。