【SIG P226E2】トリガーユニット分解【分解/清掃】

今回はマルイ製のSIG SAUER P226E2のトリガーユニットの分解になります。

フレーム編が長くなるからと、分離して独立の記事にしましたが今度はやたらと短くなってしまいました。

中途半端な記事ですがお付き合いのほどよろしくお願いします。



【SIG P226E2】トリガーユニット分解【分解/清掃】
では早速トリガーユニットの分解に入ります。

スライドストップスプリングを取り外し、トリガーシャフトを引き抜きます。

【SIG P226E2】トリガーユニット分解【分解/清掃】
するとトリガーの軸がズレて、トリガーバーが外れます。

【SIG P226E2】トリガーユニット分解【分解/清掃】
同時にスライドストップも外せます。

↑画像ではトリガーシャフトを紛失防止のためにつなげているだけです。

【SIG P226E2】トリガーユニット分解【分解/清掃】
E2トリガーとセーフティバーも取り外せます。

【SIG P226E2】トリガーユニット分解【分解/清掃】
トリガースプリングはこのようにかかっています。


E2トリガーのいちばん上に別パーツでトリガーガイドというピンが入っていますが、他に今回は外しませんでした。

【SIG P226E2】トリガーユニット分解【分解/清掃】
フロントシャーシ内部中央に、セーフティピンというピンでとめられている、セーフティクリックとそれにテンションをかけているセーフティスプリングというパーツがありますが、これも今回は取り外していません。

【SIG P226E2】トリガーユニット分解【分解/清掃】
これがトリガーユニットのだいたいの各パーツになります。

特にパーツ点数が多いわけでもなく、割とシンプルなかんじでした。

 

 




同じカテゴリー(ハンドガン)の記事

2022年07月11日 Posted by ジャージお父さん  at 23:34 │Comments(0)ハンドガンSIG SAUER P226E2

<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。